移動アクセシビリティ・プロジェクト

プロジェクト趣旨

移動のアクセシビリティが保障されるとはどういうことか。行きたいところへ自由にいける、アクセスする権利は誰もが持っているとされるが、果たしてその権利は誰もが行使しているものだろうか。こうした移動の自由が確保されているとは言い難い状況が社会にはある。
移動アクセシビリティといっても、その問題は多様である。車いすひとつをとっても、障害を持つに至った経緯や種別が異なれば、移動ツールも異なり、生活・居住環境も異なるからである。こうした多様な当事者の実態を明らかにするために、当事者が主体的にアクセシビリティの課題に取り組み、実態と改善点を示すことが重要である。このことは、困難に直面した当事者の問題解決を志向しながら、障害者や高齢者を取り巻く社会制度や社会の在り方を再考することでもある。
現在、SDGsは国際的に取り組まれている喫緊の課題であり、立命館大学でもSDGs実現のための挑戦が始まっている。バリアフリーについては、2020 年のオリンピック・パラリンピックを直前に、2025年には大阪万博も控えている。単に物理的障壁をなくすということのみならず、実現すべきダイバーシティ社会の構想が必要となる。

移動アクセシビリティ・プロジェクトでは、参加している各障害当事者の主たる研究活動や日常生活の機会をとらえ、車いす(電動車いすやハンドル形電動車いすを含む)使用者のバス、タクシー、電車、飛行機等、種々の公共交通機関におけるアクセシビリティの実態調査・国際調査(単独・共同)を行っている。また、アクセシビリティの確保のためのパーソナル・モビリティを念頭に、WHILLとの連携を準備している。
本プロジェクトでは、今後さらに広く射程をひろげ、「キャンパスは街の縮図」であるという視点から、大学キャンパスで移動に困難を抱える様々な当事者の研究活動に必要なユニバーサル・デザインにも焦点をあてて調査をすすめる。これらの調査研究の蓄積は、障害の有無、日常生活と研究活動、研究者と一般市民という枠を越えて、移動をめぐる物理的・心理的・社会的困難を可視化しその解決のありようを検討するものとなろう。
これをふまえ、本プロジェクトは、当事者だけでなく事業者(企業)と行政を含めた、当事者と産官学が連携する情報共有と、問題解決に向けたプラットフォーム作りをめざしている。

今後のイベント

過去のイベント

アーカイブ

メンバー一覧

代表者

大谷いづみ(産業社会学部・教授/生存学研究所副所長)

プロジェクトマネージャー

川端美季(産業社会学部・授業担当講師/先端総合学術研究科研究指導助手)

専門研究員・研究員

坂井めぐみ(立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員)

生存学研究所・客員研究員

アンジェリーナ・チン(ポモナ大学歴史学准教授)

院生

北島加奈子(立命館大学先端総合学術研究科)

シン・ジュヒョン(立命館大学先端総合学術研究科)

ユ・ジンギョン(立命館大学先端総合学術研究科)

栗川治(立命館大学先端総合学術研究科)

その他学外者

安孝淑(韓国ALS協会理事・先端総合学術研究科修了生(2018年度学位取得))