新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

空き時間から生まれた研究対象 ――拙著『人と成ること――恵那地方の統合教育・地域生活運動』について

私は地方における障害のある人たちの生活について研究し,2018年博士論文提出修了後,このほど,『人と成ること―恵那地方の統合教育・地域生活運動』を出版しました。 研究のきっかけは「ひがし生活の家」という場所で,障害児たちと音楽活動をする空き時間に,「生活の家」の資料探索をしたことがその発端となりました。活動する児童の親には中津川市立東小学校(以下,「東小」と略)の学童保育に通っていた人たちがおり,「東...

2021-06-01, 篠原眞紀子

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

ボーフム障害学センター(BODYS)

フェイスブック:立命館大学生存学研究所