新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

ロックトイン症候群の人びとの経験と語り

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により混乱を極めた2020年、立命館大学ではCOVID-19感染拡大後の社会を見据え「Withコロナ社会 提案公募研究プログラム-Visionaries for the New Normal-」が立ち上げられました。学内の幅広い分野にわたる81件の多様な提案のなかから21件の課題が採択され、同年9月より各課題研究が始動しました。私がご紹介するのは、その採択課題のうちの一つ、「Withコロナ社会での持続可能なケ...

2021-07-01, 姫野友紀子(立命館大学生命科学部生命情報学科助教/立命館大学生存学研究所運営委員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

ボーフム障害学センター(BODYS)

フェイスブック:立命館大学生存学研究所