新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

多様な人々による連帯の歴史を描く――精神障害者のグローバルな草の根運動

私は、精神障害者によるグローバルな草の根運動を調査してきました。世界の精神障害者は、非常に多様な状況におかれ、ときに対立する主張を持っています。それなのになぜ、どのようにして世界組織を結成して共に活動してきたのか、というのが私の研究の問いです。この問いに答えるために、口述史料、文書史料を集めて、組織の歴史を記述しました。その結果、自分の体験や意見がまともに受けとられてこなかった経験が、世界の精...

2022-05-01, 伊東香純(日本学術振興会特別研究員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

ボーフム障害学センター(BODYS)

フェイスブック:立命館大学生存学研究所