震災で被災した皆様に、心よりお見舞い申し上げます。arsvi.com(グローバルCOE「生存学」創成拠点HP)に、特設サイト「災害と障害者・病者」をつくりました。新着情報等を掲載しています。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

難病患者運動のこれから

私は、1977年に妻が重症筋無力症を発症したことをキッカケに滋賀県難病連絡協議会(滋賀県難病連)の結成に関わりました。また、実姉が2001年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したことをキッカケに、日本ALS協会滋賀県支部の結成(ALS滋賀県支部)にも関わりました。実姉の介護を通じ、重症難病患者や重度障害者が家族に気兼ねすることなく、自らの意思で在宅療養が可能となる仕組みを造りたいと思い、ALS滋賀県支部のもと...

2019-03-01,

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

『生存学の企て』を刊行しました

「生存学」そのエッセンスがここに!様々な身体の状態を有する人、状態の変化を経験して生きていく人た...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

生存学研究センターメールマガジン

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究センター