新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

葛藤するシリアスゲーム――<まじめな学び>と<おもしろい遊び>のはざまで

拙著『シリアスゲームの社会的受容を問う――韓国の事例にみる「ゲーム」と「教育」の社会文化的研究』は、2020年に提出した博士論文を基にしています。シリアスゲームとは、1970年にアメリカの研究者Abtによりはじめて提案されたもので、エンタテインメント性のみならず、教育、医療、軍事、社会問題への喚起、トレーニングなど、特定の目的を持つゲームです。狭義としてあるスキルや知識の習得や理解を深めることを、広義には社...

2024-05-07, シン・ジュヒョン(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

ボーフム障害学センター(BODYS)

フェイスブック:立命館大学生存学研究所