新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

人々の暮らしを舞台にした医療とは

私は、看護学校で生物学や倫理学の講師をしながら、地域医療の歴史について研究しています。医療従事者でもなく医療や福祉の実践経験もない私が、なぜ「医療」に関心を持ったのか。それは、「医療」や「福祉」はもともと私たちの暮らしと共にある「いのち」の分野だからだと考えたからです。技術や制度は時代とともに変化しますが、「いのち」の存在そのものについては、どの時代でも、人々の、また自分たちの生きざまとして重...

2021-05-01, 西沢いづみ(立命館大学地域健康社会学研究センター客員研究員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究所