震災で被災した皆様に、心よりお見舞い申し上げます。arsvi.com(グローバルCOE「生存学」創成拠点HP)に、特設サイト「災害と障害者・病者」をつくりました。新着情報等を掲載しています。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

中国が提示した高齢化問題への解答例――モデルケースになった低所得層向け団地

私の研究を一言で言い表すと、「みんなが生きるには?」です。日本には生活保護制度があり、「みんな」が生きられるはずです。しかし、生活保護に対する日本人の視線は、非常に厳しいものです。なぜでしょうか? 私は、この答えを求めて、海外との比較検討を続けています。 2015年以降、1年から2年に1回の定点観測を続けてきた区域があります。北京市の中心部にある、1960年代からの団地です。300メートル四方ほどの区域の...

2019-06-01, 三輪佳子(立命館大学大学院先端総合学術研究科院生)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

『生存学の企て』を刊行しました

「生存学」そのエッセンスがここに!様々な身体の状態を有する人、状態の変化を経験して生きていく人た...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究所