新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

ソーシャルワーク専門職資格統一化のゆくえ ――精神保健福祉士の「越境」の様相と、子ども家庭福祉分野における新資格構想との撞着――

私はここ十数年来(具体的には2001年に発生した大阪教育大学付属池田小学校児童等殺傷事件以降)、日本における精神障害者の社会復帰「促進」を担うソーシャルワーク専門職(精神保健福祉士)の職能団体である「日本精神保健福祉士協会」(協会)による職域拡大の様相について精査を行っています。2017年には、上述の事件が成立を加速させる契機となった「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する...

2022-12-01, 樋澤吉彦(名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授/生存学研究所客員研究員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

ボーフム障害学センター(BODYS)

フェイスブック:立命館大学生存学研究所