新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

1920年代ベルリンを読む――ドヴィド・ベルゲルソン「盲目」

ホロコースト以前のロシア東欧に広く定住した東欧ユダヤ人(アシュケナジム)の母語の一つにイディッシュ語がある(今でもパレスチナや北米にその話者は多い)。アルファベットはヘブライ文字だが、中高ドイツ語をベースにヘブライ語やスラヴ諸語が混ざり合ってできたイディッシュ語には、十世紀頃にライン川沿いに定住し、その後東欧に移住したユダヤ人の長い歴史が染み込んでいる。 そのイディッシュ語に加え、ポーランド語...

2020-07-01, 田中壮泰 (先端総合学術研究科・研究指導助手)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究所