新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

気功現場の「気」と「治」――上海気功研究所での気功実践を事例に

私は、気功・気功療法を研究しています。気功は、中国発祥の治療・養生法であり、身体的技法でもあります。1980年代から1990年代の間、約6000万から2億まで、中国各地で、気功を練習する人口は増加し、中国独特な健康維持法として気功は世界に進出しました。1999年の「法輪功事件」によって、気功ブームは幕が閉じましたが、今現在、制度化された気功は中国の伝統的な医学である中医学の一部として、復活の兆しが見えつつありま...

2020-05-01, 黄信者(立命館大学大学院国際関係研究科院生)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究所