新型コロナウィルス関連情報を提供しています。情報提供を歓迎します。

研究の現場最新の生存学の研究をおとどけします

結核菌を飼い馴らす――近代日本における結核の「発病予防」

私は、近代日本における結核の病因をめぐる言説とその変容を研究しています。多様な領域で発見・創出された結核「病因論」の歴史をたどることは、現代に生きる私たちが自らの生存を脅かす危機をどのように解釈し、共有してきているのかを考える一助となります。 結核は近代日本で最も多くの死亡者を出した伝染病として知られています。結核の直接の原因は結核菌の感染です。しかし、病原菌に感染しても発病する者はごく一部...

2020-12-01, 塩野麻子(立命館大学先端総合学術研究科院生/日本学術振興会特別研究員)

研究の現場一覧へ

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知と実践のブリコラージュ ――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

「障老病異」(障害、老い、病い、異なり)にある人びとの生きる過程に着目し、これからのあるべき社会を...

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました

本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに...

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

「生存学奨励賞」

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究所