支援テクノロジー開発

代表者:美馬達哉(先端総合学術研究科 教授)

本プロジェクトは、ダイバーシティ社会を実現するテクノロジーの社会実装を目指して「当事者」とともにデザインの上流から関わるものである。
これまで、美馬により発振操作による動的ネットワークの再組織化や、直流刺激と歩行運動のハイブリッド型リハビリテーション研究などが行われており、今後もネオ・リハビリテーションというコンセプトのもとで、基盤研究(A)(2019-2022年度)を獲得し、支援テクノロジーの基礎研究と応用の両輪で継続発展させている。
さらに、今年度の重点プロジェクトでは、社会実装に大きく踏み出し、大谷による新たなプロジェクトである移動アクセスシビリティ・プロジェクトを中心に据える。

移動の自由は、障害者・高齢者等のQOLを担保するひとつの指標である。移動アクセシビリティ・プロジェクトでは、バス、タクシー、電車、飛行機等、種々の公共交通機関における車いす(電動車いすやハンドル形電動車いすを含む)使用者のアクセス権を中心にすえつつ、近未来のパーソナル・モビリティのありようについても文理融合的な未来デザインを企てる。