Andrea De Antoni

憑依の生存学

これまで、現代日本における死や魔界(主に地獄)へ繋がる場所を対象とし、アイデンティティと記憶の構築過程を研究してきた。「伝統」と記憶、社会的差別、場所の観光化と観光客の体験や身体的知覚等に注目しながら、恐山、立山、箱根、京都市六原地区、大阪市平野区で調査を行ってきた。さらに、現代京都における「心霊スポット」を訪れるツアーに着目し、実践上での身体・感覚と環境との相互作用により、幽霊と関わる体験がいかに構築されるかを分析してきた。

現在、現代日本とヨーロッパにおける代替医療、多元的医療、「民間」や「伝統的」医療、スピリチュアリティを、精霊と関わる体験や憑依を軸に「近代的」医療との関係から捉え直すことにより、現代社会における生存のあり方を考察している。2014年に、後期資本主義社会における憑依と除霊(祓い、悪魔祓い等)を中心とする「宗教医療」に関わる体験や実践を研究し始め、日本、イタリアとオーストリアを事例として、制度化されている「近代的」医学と「宗教的」医療との関係についてフィールドワークを行ってきた。知覚・感覚・情動(アフェクト)の間主体性に着目し、憑依される体験・感覚とは何かを、「憑依」から「治癒」までの患者の体験を考察しながら比較研究を行っている。

生存学に関連した主な業績

主要著作・刊行物

  1. De Antoni, Andrea. Going to Hell in Contemporary Japan: Feeling Landscapes of the Afterlife, Othering, Memory and Materiality. London and New York: Routledge. Expected 2019
  2. De Antoni, Andrea and Emma Cook (eds.). Feeling (in) Japan: Affective, Sensory and Material Entanglements in the Field. Special Issue of Asian Anthropology. Expected 2019.
  3. De Antoni, Andrea and Paul Dumouchel (eds.). The Practices of Feeling with the World: Towards an Anthropology of Affect, the Senses and Materiality. Special Issue of Japanese Review of Cultural Anthropology 18(1). 2017
  4. De Antoni, Andrea and Massimo Raveri (eds.). Death and Desire in Contemporary Japan: Representing, Practicing, Performing. Venice: Ca’ Foscari University Press. 2017.

主要論文

  1. De Antoni, Andrea. “Came Back Hounded: A Spectrum of Experiences with Spirits and Inugami Possession in Contemporary Japan.” In Rambelli, Fabio (ed.). Invisible Empire: Spirits and Animism in Contemporary Japan. London: Bloomsbury. Forthcoming 2018.
  2. De Antoni, Andrea and Paul Dumouchel. “The Practices of Feeling with the World: Towards an Anthropology of Affect, the Senses and Materiality. Introduction.” Japanese Review of Cultural Anthropology 18(1). 2017, pp. 91-99.
  3. De Antoni, Andrea. “Sympathy from the Devil: Experiences, Movement and Affective Correspondences during a Roman Catholic Exorcism in Contemporary Italy.” Japanese Review of Cultural Anthropology 18(1). 2017, pp. 143-158.
  4. De Antoni, Andrea. “The Politics of Spirits and the Legacy of the Exorcist: The Historical Construction of Discourses of Spirit Possession in Contemporary Japan and Italy.” 『立命館大学人文科学研究所紀要』106. 2015, pp. 27-69.
  5. デ・アントーニ アンドレア「死者へ接続するツアー――現代京都におけるダークツーリズムの再考」『観光学評論』1(1). 2013, pp. 81-93.

その他、関連リンク等

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

生存学研究センターメールマガジン

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究センター

生存学研究センターのTwitterを読む