第8回QOL研究会

イベント名 第8回QOL研究会 arsvi.comの「第8回QOL研究会」へ
テーマ 小林公夫,2007,『治療行為の正当化原理』日本評論社. 講読 第4章第4節〜終章まで/カール・ベッカー,2000,「日本的なターミナルケアを目指して 患者の生と死の質をどう評価するか」カール・ベッカー編『生と死のケアを考える』法蔵館,272-316.
開催日 2009/08/22 14:00-18:00
開催場所 創思館416
報告者(所属) 堀田義太郎(日本学術振興会特別研究員)
福田茉莉(岡山大学博士課程)
開催形態 主催 (公開イベント)
種別 イベント

テーマのインデクスに戻る

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針