フェミニズム研究会 第7回(2016年度・第2回)公開研究会「『〈抵抗〉としてのフェミニズム』解題――田崎英明さんを囲んで」

掲載日: 2016-12-16

pdf

テーマ: 『〈抵抗〉としてのフェミニズム』解題――田崎英明さんを囲んで
日時:2016年12月24日(土)13:00-16:00
場所:立命館大学衣笠キャンパス 創思館403・404
主催:立命館大学生存学研究センター
共催:立命館大学生存学研究センター研究プロジェクト・フェミニズム研究会
参加:無料・申し込み不要
*会場の近くに駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

開催要旨

 2016年度、フェミニズム研究会は「ヴァルネラビリティの多義性をめぐるフェミニスト・アプローチ」を研究課題としている。今回の公開研究会では、この研究課題の構想へと至った『〈抵抗〉としてのフェミニズム』(生存学研究センター報告24号/2016年3月公刊)の総評を公開で行うものである。

 本プロジェクトに携わるメンバーの主題と研究手法は、哲学、倫理学、社会学、歴史学とさまざまである。センター報告に採録された各論考は、メンバーがそれぞれの手法で「男性」支配――性別二元論や異性愛主義という性規範によって生み出される性差別――の構造をとらえようと試みたものである。テーマは、政治、正義、差別、ケア、表象と多岐にわたる。こうして見渡してみれば、それぞれの場において規範によって生存を阻害する現象が生み出されてきたことは明らかである。私たちは、生存をめぐる〈抵抗〉のツールとして、フェミニズムを構想したいと考えている。

今回は、センター報告の総評に先んじて、田崎英明さんより今日のフェミニズムに関するご関心領域から語っていただく。後半のディスカッションでは、各論考の個別の論点に触れながら、一見さまざまにあらわれる問題に通底する課題と、それに抗するフェミニズムの可能性について考える。

プログラム

13:00-13:10 挨拶
13:10-14:40 講演「フェミニズムにおけるドゥルーズ的転回」
田崎英明(立教大学)
14:40-15:00 休憩
15:00-16:00 質疑応答・ディスカッション
16:00 閉会

関連リンク

お問い合わせ先

立命館大学生存学研究センター事務局
TEL: 075-465-8475 FAX: 075-465-8245
E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

お知らせの一覧へ

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針