第6回(2015年度第2回)現代社会エスノグラフィ研究会 公開研究会

掲載日: 2016-02-01

日時:2016年2月20日(土)16:00-17:30
会場:立命館大学衣笠キャンパス 学而館2階第3研究会室
主催:立命館大学生存学研究センター若手研究者研究力強化型プロジェクト 現代社会エスノグラフィ研究会
参加:参加費無料・申し込み不要

※駐車場・駐輪場がありませんので、公共交通機関をご利用になりご来場願います。

開催趣旨

近年の日韓政府間の歴史解釈の違いに起因し、特に、日本では「韓国」、「朝鮮」への反感として、在日コリアンを標的とした排外勢力が台頭している。一方、排外勢力をまったく気にしない日韓の交流を促進する人びとが存在する。本報告では、韓国現代文化を志向する日本人の実践に焦点を当て、これらの若者へのインタビュー調査の内容などを中心に議論する。

プログラム

報告者:永田 貴聖(国立民族学博物館 機関研究員、生存学研究センター客員研究員)
『「韓国」を消費するだけではない日本人と取り巻く人びと』

コメンテーター:秦 榮和(立命館大学非常勤講師)

【お問い合わせ先】

立命館大学生存学研究センター事務局
TEL: 075-465-8475 FAX: 075-465-8245
E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

お知らせの一覧へ

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針