出生をめぐる倫理研究会  4単著合同合評会

掲載日: 2015-11-05

チラシ(PDF形式: 1.4MB)

日時:2015年12月20日(日)13:30-17:10
会場:キャンパスプラザ京都2階 第1会議室
主催:立命館大学生存学研究センター若手研究者研究力強化型プロジェクト「出生をめぐる倫理研究会」
参加:参加費無料・申し込み不要

※公共交通機関をご利用になりご来場願います。

開催趣旨

本会は「出生をめぐる倫理研究会」のメンバーが執筆した以下の単著4冊の合同合評会です。

本会は二部構成となります。第一部は日本のトピックとして『人工授精の近代』、『出生前診断と受精卵診断』の著者による解題報告に続き、溝口元氏(立正大学)によるコメント、第二部はフランスのトピックとして『死産児になる』、『フランスの生命倫理法』の著者による解題報告に続き、丸岡高弘氏(南山大学)によるコメントが予定されています。

4冊の著書はそれぞれ重なり合いながらも、独自の論を展開しています。討議を通じ、生殖と医療をめぐる諸議論について、新たな地平を切り開いていくことを目指します。

プログラム

13:30〜13:35 開会の挨拶 松原洋子(立命館大学 教授)
13:35〜14:05 『人工授精の近代』解題 由井秀樹(立命館大学 専門研究員) 
14:05〜14:35 『出生前診断と受精卵診断』解題  利光惠子(立命館大学 客員研究員) 
14:35〜14:55 コメント 溝口元(立正大学 教授)
14:55〜15:15 ディスカッション
15:15〜15:30 休憩
15:30〜16:00 『死産児になる』解題 山本由美子(大阪府立大学 講師)
16:00〜16:30 『フランスの生命倫理法』解題 小門穂(大阪大学 特任助教)
16:30〜16:50 コメント 丸岡高弘(南山大学 教授)
16:50〜17:10 ディスカッション

【お問い合わせ先】

立命館大学生存学研究センター事務局
TEL: 075-465-8475 FAX: 075-465-8245
E-mail: ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

お知らせの一覧へ

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針