目の前のアフリカ 第8回 誰のための公衆衛生か?

掲載日: 2014-05-09 English: for English

イベントチラシ

日時:2014年5月22日(木) 17:00〜19:00
主催:立命館大学生存学研究センター
共催:京都大学アフリカ地域研究資料センター・日本文化人類学会課題研究懇談会「医療人類学教育の検討」
会場:立命館大学衣笠キャンパス 敬学館212
参加:参加費無料・申し込み不要、和訳された資料有

プログラム

17:00〜17:05 趣旨説明:小川さやか(立命館大学)
17:05〜18:15 講演:マリー・ラスト(ロンドン大学 名誉教授)
18:15〜18:30 コメント:近藤英俊(関西外国語大学 准教授)
18:30〜19:00 質疑応答

企画趣旨

ロンドン大学名誉教授のマリー・ラスト教授は、北ナイジェリアの歴史・文化研究の世界的権威として、またイギリスにおける医療人類学の開拓者として知られています。今回の講演では、「ナイジェリアのプライマリ・ヘルスケア対策の背景に潜む特有の政治的問題」と題してお話しいただきます。医療人類学の最前線から「公共的なもの」をめぐるポリティクスを一緒に考えましょう。

アフリカを目と鼻の先まで近づけてみよう

関連ページ

お問い合わせ先

立命館大学生存学研究センター事務局
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8475 FAX:075-465-8245
E-mail:ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

※駐車スペースがございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

連続企画

お知らせの一覧へ

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針