小泉義之

生存の現代史

〈生命観と自然観の再検討〉 哲学と倫理学以外の分野における文献や作品を批判的に検討して、新しい生命観と自然観を探求している。当面、文学関係の分野と宗教関係の分野を探索している。また、進化論に関連する諸分野を批判的に吟味するために、性と生殖というアプローチをとって、人間と動物の関係と人間の内なる動物性について、斬新な問いを構想したいと考えている。

生存学に関連した主な業績

著書

  1. 小泉義之 2012『生と病の哲学――生存のポリティカルエコノミー』青土社
  2. 小泉義之 2009『デカルトの哲学』人文書院
  3. 小泉義之 2006『「負け組」の哲学』人文書院
  4. 小泉義之 2006『病いの哲学』ちくま新書
  5. 松原洋子・小泉義之編 2005『生命の臨界――争点としての生命』人文書院

関連リンク

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

生存学研究センターメールマガジン

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究センター

生存学研究センターのTwitterを読む