2010年の研究成果

■2010 ◆論文・報告等: 主催・関連企画: □学会大会等:

2010/01

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/01/01 「ベーシックインカム・2――連載 50」
 『現代思想』38-1(2010-1):22-33 資料,
◆論文・報告等:渡辺 公三小泉 義之 2010/01/01 討議「レヴィ=ストロースの問いと倫理」
 『現代思想』38-1(2010-1):pp.116-130
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/01/01 「グラックス・バブーフと共産主義」
 『現代思想』38-1(2010-1):**-**
◆論文・報告等:西 成彦 2010/01/06 「ターミナルライフ/終末期の風景9 決壊」
 『すばる』2月号、集英社
主催・関連企画:2010/01/08 2009年度リサーチマネジメントⅢ第15・16回
◆論文・報告等:松原 洋子天田 城介 2009/01/08 「事例検討と全体討議(1)・(2)」
 於:創思館411
◆論文・報告等:佐藤 浩子 企画・司会「重い障害のある子の教育―講師・下川和洋氏」
 住民自治をすすめる政策研究会, 中野区男女共同参画センター
主催・関連企画:2010/01/09-10 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム
 主催:立命館大学先端総合学術研究科: 佐藤=ロスベアグ・ナナ渡辺公三ポール・デュムシェル
 共催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
 HPはこちら 日本語:http://translationstudies.net/tsc2010/index_jp.html English:http://translationstudies.net/tsc2010/index_en.html
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/01/09 (司会)水野的「明治・大正期の翻訳規範と日本近代文学の成立」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/01/09 (司会)真島一郎「力chikaraの翻訳-人類学と日本初期社会主義」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/01/09 (司会)パネル2「思想と歴史」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:佐藤=ロスベアグ・ナナ 2010/01/09 「文化を翻訳するーアイヌの口頭伝承から日本語へ」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:西 成彦 2010/01/09 (司会)招待講演・坂井セシル「フランスにおける翻訳論の現状と日本文学のフランス語訳をめぐってー川端康成から村上春樹に至る文化的アイデンテイテイーの構築プロセスについて」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/01/10 (司会)招待講演・水野真木子「コミュニティ通訳の現状と課題」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:飯田 奈美子 2010/01/10 「中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:岡田 清鷹 2010/01/10 ポスター発表「中村正直訳『西国立志編』における多層的読者の存在」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:冨田 敬大 2010/01/10 ポスター発表「「翻訳」される遊牧民と土地の関係―移行期モンゴルの放牧地に関する諸法令の分析から」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:韓星 民青木 慎太朗植村 要・広瀬 浩二郎 2010/01/10 ポスター発表「支援技術を用いた触覚言語への通訳」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:番匠 健一・原 佑介永田 貴聖 2010/01/10 ポスター発表「「多文化主義」コミュニティの文化翻訳――川崎市と韓国安山市の事例」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:有吉 玲子 2010/01/10 「中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題」
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:渡辺 公三佐藤=ロスベアグ・ナナ 2010/01/10 (司会)全体討論
 国際カンファレンス「翻訳学の行方 Translation Studies in the Japanese Context」
 於:立命館大学衣笠キャンパスカンファレンスルーム
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/01/10 「できないことのよしあし・4――人間の条件・24」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no024.html,
◆論文・報告等:西 成彦 2010/01/11 ディスカッサント「フェイ・阮・クリーマン発言への応答」
 ワークショップ『植民地の心―台湾と文学の記憶』 於:立命館大学末川記念会館
◆論文・報告等:伊藤 佳世子 2010/01/11 (ポスター発表)「若いALS 女性患者の在宅支援と見えてきた課題」
 特定疾患患者の自立支援体制の確立に関する研究 於:都市センターホール(東京都千代田区)
◆論文・報告等:藤原 信行 2010/01/11 「自殺動機付与/カテゴリー執行をめぐるポリティクスと精神医学的知――ある自死遺族による局所的実践を例に」
 「精神保健・医療と社会」研究会第4回研究会
◆論文・報告等:仲 アサヨ 2010/01/11 「精神病院不祥事件が語る入院医療の背景と実態――大和川病院事件を通して考える」
 「精神保健・医療と社会」研究会第4回研究会
◆論文・報告等:三野 宏治 2010/01/23 「在住外国人のサポートに関わる人のための実践研修「面接技法」について」
 於:京都市国際交流協会
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/01/15 「安積遊歩の新刊に」
 太郎次郎社エディタスHP http://www.tarojiro.co.jp/cgi-bin/SearchMain.cgi?operation=3&ISBN=978-4-8118-0734-8,
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/01/19 「ただ進めるべきこと/ためらいながら進むべきこと」 韓国語版(Korean)
 Special Education and Multi-Knowledge Convergence 於:韓国・大邱大学,
◆論文・報告等:小林 勇人 2010/1/22 (ゲストスピーカー)「ワークフェアの現状と課題――ニューヨーク市政を中心に」
 大阪市立大学大学院 創造都市研究科 都市政策専攻都市公共政策研究分野2009年度「ワークショップII」
 於:大阪市立大学大学院創造都市研究科梅田サテライト
◆論文・報告等:川端 美季 2010/01/23 「近代公衆浴場の成立」
 医療・社会・環境研究会 於:立命館大学
◆論文・報告等:天田 城介 2010/01/23 「地域で住むという設計」
 福祉住環境コーディネーター協会主催講演会&タウンミーティング「地域発の高齢者の生活支援の方法を考える」 於:センタープラザ9号会議室(神戸).
◆論文・報告等:西嶋 一泰 2010/01/23 「外部の演者から考える民俗芸能―大川平荒馬踊りを事例に」
 民俗芸能学会第127回研究例会、早稲田大学演劇博物館
◆論文・報告等:遠藤 彰 2010/01/23 「江戸の虫たちの事情:『五百崎虫の評判』の周辺」
 『色道書・言語・文明史』 京大人文研共同研究会
◆論文・報告等:遠藤 彰 2010/01/24 「トビケラからビーバーまで:『延長された表現型』」
 『生物の世界を語りなおす –アート生物学』 NHK文化センター京都
主催・関連企画:2010/01/25 The Second Workshop with Professor Philippe Van Parijs
 於:立命館大学 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2009/20100125.htm
◆論文・報告等:TATEIWA Shin'ya 2010/01/25 “Greeting”
 The Second Workshop with Professor Philippe Van Parijs
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2009/20100125.htm,
◆論文・報告等:TATEIWA Shin'ya 2010/01/25 “On “Undominated Diversity””
 The Second Workshop with Professor Philippe Van Parijs,
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/01/25 「何を考え、言ってきたか」
 PARC自由学校・連帯のための哲学 於:東京 19:00〜21:00
 http://www.parc-jp.org/freeschool/2009/kouza/kouza_14.html,
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/01/29 「『神話論理』の論理」
 東京大学GCOE「共生のための哲学研究教育センター」公開セミナー
 於:東京大学教養学部、コラボレーションルーム3
◆論文・報告等:葛城 貞三 2010/01/29 「患者支援の経費援助――県難病連絡協、共同募金会から配分」
 『京都新聞』
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/01/29 於:「大人の発達障害」
 (福)川崎市社会福祉事業団れいんぼう川崎主催研修会 れいんぼう川崎
主催・関連企画:2010/01/30 公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第11回『ハッシュ!』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)13:30-16:30
 主催:立命館大学人間科学研究所 立命館大学生存学研究センター
 共催:京都シネマ 協力:シグロ、東風
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/01/30 対談:橋口 亮輔 監督×河口 和也(広島修道大学教授)
公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第11回『ハッシュ!』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)
◆論文・報告等:佐藤 浩子 2010/01/31 企画・司会「越境人と手を取り合って―講師・姜誠氏」
 住民自治をすすめる政策研究会第6回人権を考える講座 於:中野区男女共同参画センター
◆論文・報告等:小泉 義之・永井 均 2010/01/31 『なぜ人を殺してはいけないのか』
 河出文庫
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/01/31 「罪の感触」
 『なぜ人を殺してはいけないのか』 河出文庫, pp. 190-197.
◆論文・報告等:齊藤 由香 2010/01/** 「知が宿る身体――統合教育と東洋医学の交点を「触れる」=「手当て」にみる」
 『インテグラル・アプローチ――統合的・変容的探求』,立命館大学人間科学研究所,ヒューマンサービスリサーチ18,pp.119-137
◆論文・報告等:中川 吉晴(監訳)・齊藤 由香(訳) 2010/01/** ヘルゲ・M・オスターホールド,エリザベス・フッサール・ルビアーノ,デイヴィッド・ニコル「2章 変容的教育にふたたび火をともす―参与的事例研究―」
 『インテグラル・アプローチ――統合的・変容的探求』,立命館大学人間科学研究所, ヒューマンサービスリサーチ18,pp.47-82
◆論文・報告等:中鹿 直樹・望月 昭 2010/01/** “「課題分析を使った指導の記録を就労支援に活用する 」
 『立命館人間科学』20:53-64 
◆論文・報告等:Tatsuya, Sato 2010/01/** Time in Life and Life in Time: Between Experiencing and Accounting
 『立命館人間科学』20:79-92
◆論文・報告等:斉藤 由香 2010/01/** 「知が宿る身体――統合教育と東洋医学の交点を「触れる」=「手当て」にみる」
 ヘルゲ・M・オスターホールド、エリザベス・ フッサール・ルビアーノ、デイヴィッド・ニコル『ヒューマンサービスリサーチ18 インテグラル・アプローチ――統合的・変容的探求』, 立命館大学人間科学研究所, pp. 119-137
◆論文・報告等:斉藤 由香(中川吉晴先生監訳)「変容的教育にふたたび火をともす――参与的事例研究」
 ヘルゲ・M・オスターホールド、エリザベス・ フッサール・ルビアーノ、デイヴィッド・ニコル『ヒューマンサービスリサーチ18 インテグラル・アプローチ――統合的・変容的探求』、立命館大学人間科学研究所、pp. 47-82
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/01/** 「エンパワメントのとびら4『アディクション(依存症)からの解放をめざして①』」
 『編集サービス』705号, 機関紙編集者クラブ, p. 6

>TOP

2010/02

◆論文・報告等:天田 城介・後藤隆・潮谷有二編集委員 新・社会福祉士養成講座編集委員会編 2010/02/01 『社会調査の基礎〔第2版〕』
 中央法規出版.
◆論文・報告等:天田 城介 2010/02/01 「社会福祉と社会調査」
 天田 城介・後藤隆・潮谷有二編集委員 新・社会福祉士養成講座編集委員会編 2010/02/01 『社会調査の基礎〔第2版〕』 中央法規出版.
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/01 「ベーシックインカム・3:「非優越的多様性」――連載 51」
 『現代思想』38-2(2010-2):40-51 資料,
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/01 「二〇〇九年読書アンケート」
 『みすず』52-1(2010-1・2 no.):- http://www.msz.co.jp主催・関連企画:2010/02/02 「杉本健郎氏に聞く」
 公開インタビュー 於:立命館大学
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/02 「杉本健郎氏に聞く」
 公開インタビュー 於:立命館大学
◆論文・報告等:村上 潔 2010/02/02 (講義)「私は家事する人?それとも働く人?」
 2009年度ふらっとねやがわ男女共同参画学習講座「主婦しながら働くということ」第1回 於:寝屋川市立男女共同参画推進センター(ふらっと ねやがわ
◆論文・報告等:青木 慎太朗 2010/02/03  「「障害」とともに学ぶということ」
 於:京田辺市立中央公民館
◆論文・報告等:山本 崇記 2010/02/04 「「希望の家」50年の歩み――14日に集い 冊子まとめ披露へ」
 『京都新聞」: 20
◆論文・報告等:西 成彦 2010/02/06 「ターミナルライフ/終末期の風景10 華やぐ余生」
 『すばる』3月号、集英社
◆論文・報告等:萩原 浩史 2010/02/07 パネルディスカッション「これからの生活支援のあり方」
 精神障害者地域生活支援全国規模フォーラムin大阪
 主催:大阪精神障害者地域生活支援連絡協議会 於:クレオ大阪東
◆論文・報告等:佐藤 浩子 2010/02/10 「朝鮮民主主義人民共和国の産院・障害者保護連盟訪問報告」
 朝・日友好親善中野・杉並新春の集い, 於:東京朝鮮第9初級学校
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/10 「できないことのよしあし・5――人間の条件・25」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no024.html,
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/02/11,21 「助職のケアを考える〜」
 於:(財)バルナバ病院
主催・関連企画:2010/02/12 障害者の生活・教育支援研究会公開ワークショップ「聴覚障害者における文化の承認と言語的正義の問題」
 於:立命館大学衣笠キャンパス諒友館3階839教室
 主催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト「障害者の生活・教育支援研究会」
 共催:科学研究費補助金「ろう教育の有効性――聴覚障害者の基礎学力向上と真の社会参加を目指して」
 科学研究費補助金「異なる身体のもとでの交信――本当の実用のための仕組と思想」
◆論文・報告等:八木 慎一 2010/02/12 「ろう文化/者への承認――アクセル・ホネット承認論の観点から」
 障害者の生活・教育支援研究会公開ワークショップ 「聴覚障害者における文化の承認と言語的正義の問題」
 於:立命館大学衣笠キャンパス諒友館3階839教室
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/02/12 「言語の分配,所属の平等」
 障害者の生活・教育支援研究会公開ワークショップ 「聴覚障害者における文化の承認と言語的正義の問題」
 於:立命館大学衣笠キャンパス諒友館3階839教室
◆論文・報告等:坂本 徳仁 2010/02/12 「言語の費用負担と言語的正義の問題」
 障害者の生活・教育支援研究会公開ワークショップ 「聴覚障害者における文化の承認と言語的正義の問題」
 於:立命館大学衣笠キャンパス諒友館3階839教室
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/12 コメントと質問
 障害者の生活・教育支援研究会公開ワークショップ「聴覚障害者における文化の承認と言語的正義の問題」 於:立命館大学
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/02/13 「市場・民主主義・市民社会のモースのヴィジョン」
 東京外国語大学GCOEラウンドテーブル「経済を「審問する」アラン・カイエ氏を囲んで」 於:東京日仏会館
主催・関連企画:2010/02/13 第2回尊厳死・安楽死研究会公開研究会
 於:立命館大学
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/13 質問への応答
 第2回尊厳死・安楽死研究会公開研究会,於:立命館大学
◆論文・報告等:天田 城介 2010/02/15 「(コメント)」
 特定非営利活動法人おーさぁ健軍くらしささえ愛工房主催「難病・発達障害・高次脳機能障害のある方の就労支援セミナー」 於:くまもと県民交流館パレア第1会議室.
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/02/18 講師「ちがいを豊かさに〜多様性を重視する企業文化の創造と共生社会のエンパワメントをめざして〜」
 厚生労働省大阪労働局「企業トップクラス研修会」 於:大阪市中央公会堂
◆論文・報告等:三野 宏治 2010/02/20 「精神障害があるその人と支援者の「対等性」についての考察――当事者と専門家による共同研究を通して(日本福祉文化学会 発表予稿)」
 「精神保健・医療と社会」研究会第5回研究会
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/02/20 「なぜ「障害者アート」は知的障害者の作品を想起させるのか――カテゴリ成立の言説から」
 「精神保健・医療と社会」研究会第5回研究会
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/02/20 「「障害者アート」と自立支援に関する事例報告」
 「精神保健・医療と社会」研究会第5回研究会
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/02/20 「もらったものについて・4」
 『そよ風のように街に出よう』78:38-44,
◆論文・報告等:新山 智基 2010/02/20 「神戸国際大学ブルーリ潰瘍問題支援プロジェクト(Project SCOBU)の取り組み」
 『アフリカNOW』No.87, アフリカ日本協議会, pp. 9-11
◆論文・報告等:天田 城介 2010/02/20 「難病を生きるということ」
 大北全俊・桑原英之・高橋綾編 『改訂2版 事例でまなぶケアの倫理』 メディカ出版 pp.95-101.
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/02/25 講師「ちがいを豊かさに〜私から始まるエンパワメントと共に生きる社会の創造をめざして〜」
 ネクストステージ大阪LLP人権研修 於:(株)矢野紙器
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/02/25 インタヴュー「レヴィ=ストロースは何を問うたのか」
 『レヴィ=ストロース』「道の手帖」河出書房, pp.20-35
◆論文・報告等:安部 彰堀田 義太郎編 2010/02/26 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター.
◆論文・報告等:安部 彰堀田 義太郎 2010/02/26 「まえがき」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.5-9.
◆論文・報告等:小泉 義之安部 彰堀田 義太郎 2010/02/26 「ケアと生存の哲学」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.14-76.
◆論文・報告等:前田 拓也・渡邉 琢・高橋 慎一堀田 義太郎安部 彰 2010/02/26 「介助(者)の現在」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.78-124.
◆論文・報告等:岩間 優希 2010/02/26 「他者の戦争を見ることについて──開高健のヴェトナム戦争報道」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.126-144.
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/02/26 「養育関係内における多文化主義──子どもの文化選択をめぐる規範理論への予備的考察」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.145-166.
◆論文・報告等:仲 アサヨ 2010/02/26 「精神病院不祥事件が語る入院医療の背景と実態──大和川病院事件を通して考える」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.167-195.
◆論文・報告等:大谷 通高 2010/02/26 「犯罪被害者の救済におけるケア・試論──〈被害〉についての考察から」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.196-223.
◆論文・報告等:有馬 斉 2010/02/26 「ケアの倫理と道徳の相対主義──感情移入の経験は道徳判断を正当化するか」
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.226-243.
◆論文・報告等:安部 彰堀田 義太郎 2010/02/26 あとがき
 安部 彰堀田 義太郎編 『ケアと/の倫理』(生存学研究センター報告11)
 立命館大学生存学研究センター、pp.244-257.
主催・関連企画:2010/02/26 地域社会におけるマイノリティの生活/実践の動態と政策的介入の力学に関する社会学研究公開企画
 「多民族国家構想とマイノリティ――在日外国人の現状と課題から共生社会の展望を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館303・304
 主催:地域社会におけるマイノリティの生活/実践の動態と政策的介入の力学に関する社会学研究
(2009年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト)
 共催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点, 立命館大学生存学研究センター
主催・関連企画:2010/02/27 公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第12回『チョコラ!』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)13:30-16:30
 主催:立命館大学人間科学研究所 立命館大学生存学研究センター
 共催:京都シネマ
 協力:シグロ、東風
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/02/27 対談:小林 茂 監督×林 達雄(立命館大学特別招聘教授・アフリカ日本協議会代表)
公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第12回『チョコラ!』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/02/27 講師「発達障害を持つ子どもの支援と共に生きる保育を考える」
 (社福)愛信保育園職員研修 於:(社福)愛信保育園
◆論文・報告等:遠藤 彰 2010/02/28 「動物建築という『外の生理学』:遺伝子作用のインフラ理解」
 『生物の世界を語りなおす –アート生物学』 於:NHK文化センター京都
◆論文・報告等:三野 宏治 2010/02/28 「精神障害があるその人と支援者の「対等性」についての考察―当事者と専門家による共同研究を通して」
 日本福祉文化学会第20回大会 於:早稲田大学
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/02/** 「エンパワメントのとびら5『アディクション(依存症)からの解放をめざして②』」
 『編集サービス』706号, 機関紙編集者クラブ, p. 7
◆論文・報告等:Dumouchel, Paul ed. 2010/02/** NATIONALISME MULTICULTURALISME EN ASIE
 L'Harmattan

>TOP

2010/03

◆論文・報告等:クロード・レヴィ=ストロース著, 吉田 禎吾・渡辺 公三・福田 素子・ 鈴木 裕之・真島 一郎訳 2010/03/01 (共訳)『クロード・レヴィ=ストロース 神話論理4-2 裸の人2』
 みすず書房, p.568, ISBN-10:4622081555 ISBN-13:978-4622081555  8925 [amazon][kinokuniya]
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/03/01 「訳者あとがき」
 クロード・レヴィ=ストロース著, 吉田 禎吾・渡辺 公三・福田 素子・ 鈴木 裕之・真島 一郎訳『クロード・レヴィ=ストロース 神話論理4-2 裸の人2』みすず書房:873-896
主催・関連企画:2010/03/01 第4回生命倫理研究会「『死ぬ権利――カレン・クライラン事件と生命倫理の転回』合評会――香川知晶先生をお迎えして」
 主催:2009年度立命館大学大学院先端総合学術研究科公募研究会「生命倫理研究会」
 共催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
    立命館大学生存学研究センター
    文部科学省科学研究費補助金基盤(C)「生命倫理学における安楽死・尊厳死論のキリスト教的基盤に関する歴史的社会的研究」(代表:大谷 いづみ)
◆論文・報告等:櫻井浩子大谷いづみ 2010/03/01 (司会・コメント)
 第4回生命倫理研究会「『死ぬ権利――カレン・クライラン事件と生命倫理の転回』合評会――香川知晶先生をお迎えして」
◆論文・報告等:杉本 健郎/立岩 真也(聞き手) 2010/03/01 「「医療的ケア」が繋ぐもの」(インタビュー)
 『現代思想』38-3(2010-3):52-81
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/01 「差異とのつきあい方――連載 52」
 『現代思想』38-3(2010-3):26-35 資料,
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/03/01 「病苦、そして健康の影 医療福祉的理性批判に向けて」
 『現代思想』38-3(2010-3):82-97.
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/01 「家族の余剰と保障の残余への勾留 戦後における老いをめぐる家族と政策の(非)生産」
 『現代思想』38-3(2010-3):114-129.
◆論文・報告等:上農 正剛 2010/03/01 「人工内耳は聴覚障害者の歌を聴くか?」
 『現代思想』38-3(2010-3):152-166.
◆論文・報告等:吉野 靫 2010/03/01 「ヒポクラテスの切っ先」
 『現代思想』38-3(2010-3):167-179.
◆論文・報告等:的場 和子 2010/03/01 (翻訳)トマス・ポッゲ「新薬開発 貧しい人々を除外すべきか?」
 『現代思想』38-3(2010-3):198-209.
◆論文・報告等:斉藤 龍一郎 2010/03/01 「南の国々から広がる地球規模疾病負荷(GBD)との闘い」
 『現代思想』38-3(2010-3):pp.**-**
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/01 「免責される/されないこと・4――身体の現代・17」
 『みすず』52-2(2010-3 no.):- 資料,
◆論文・報告等:大谷 いづみ 2010/03/04 「「尊厳死」思想の淵源――J.フレッチャーとバイオエシックスの交錯」
 小松 美彦香川 知晶『メタバイオエシックスの構築へ――生命倫理を問いなおす』NTT出版, 288p. pp.207-233 ISBN-10:4757160496 ISBN-13:978-4757160491 3360 [amazon][kinokuniya]
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/03/04 「私のモノ語り レヴィ=ストロースの文鎮」
 『京都新聞』2010-3-4:9
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/04 「此の世の分け方に就て」
 長野大学第102回学内研究会 於:長野大学,
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/04 「長生きが不幸になる時代」
 渡邊直樹編『宗教と現代がわかる本2010』,平凡社 pp.212-215
◆論文・報告等:モリ カイネイ 2010/03/06 「エスニック・チャーチからインターナショナル・チャーチへ? ―日本における華人系プロテスタント教会の宣教に関する実践」
 「宗教と社会」学会第3回関西大会 於:関西学院大学
◆論文・報告等:西 成彦 2010/03/06 「ターミナルライフ/終末期の風景11 死者のある風景」
 『すばる』4月号、集英社
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/03/08 (書評)「ベーシック・インカム構想を通して社会政策の課題を考える」
 (橘木俊詔山森亮 『貧困を救うのは、社会保障改革か、ベーシック・インカムか』人文書院、2009年)
 『インパクション』173号,pp.197-**
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/09 「(コメント)」
 平成21年度NPO法人おーさぁ健軍くらしささえ愛工房地域づくりセミナー 於:熊本市健軍文化ホール.
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/10 『〈老い衰えゆくこと〉の社会学』
 多賀出版,vi+683p. ISBN 978-4-8115-7571-1 4,200 [amazon]/[kinokuniya] ※ a06
◆論文・報告等:早坂 裕子・広井 良典・天田 城介 2010/03/10 『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』
 ミネルヴァ書房,x+260p. ISBN-10: 4623056309 ISBN-13: 978-4623056309 ¥ 2,730 [amazon][kinokuniya] ※
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/10 「家族を社会学することの醍醐味――「社会」における「家族」の絶えざる発見と創出」
 早坂 裕子・広井 良典・天田 城介 2010/03/10 『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』
 ミネルヴァ書房,x+260p. ISBN-10: 4623056309 ISBN-13: 978-4623056309 ¥ 2,730 [amazon][kinokuniya] ※
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/10 「コミュニケーションを社会学する――耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶことの解明へ」
 早坂 裕子・広井 良典・天田 城介 2010/03/10 『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』
 ミネルヴァ書房,x+260p. ISBN-10: 4623056309 ISBN-13: 978-4623056309 ¥ 2,730 [amazon][kinokuniya] ※
◆論文・報告等:崎山 治男 2010/03/10 「感情を社会学的に考える――介護・看護・福祉における感情労働」,早坂 裕子・広井 良典・天田 城介編 『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』,ミネルヴァ書房,pp187-202.ISBN-10: 4623056309 ISBN-13: 978-4623056309 ¥ 2,730 [amazon]/[kinokuniya] ※
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/10 「できないことのよしあし・6――人間の条件・26」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no024.html

◆論文・報告等:森下 直紀 2010/03/11 ”Hetch Hetchy: a View from Japan,”
 the American Society for Environmental History Portland Conference,Panel 4-B:
 Across the Pacific: Cross-boundary Influences, Portland, U.S.A.
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/03/11 講師、「ちがいを豊かさに〜多民族・多文化共生社会の創造をめざして〜」
 大阪府商工労働部「公正採用選考人権啓発推進員」新任・基礎研修 於:大阪府立労働センター
主催・関連企画:2010/03/13 公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第13回『海とお月さまたち』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)13:30-16:30
 主催:立命館大学人間科学研究所 立命館大学生存学研究センター
 共催:京都シネマ
 協力:シグロ、東風
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/03/13 対談:土本 基子(映画同人シネ・アソシエ責任者・土本典昭監督夫人)×栗原 彬(立命館大学特別招聘教授)
 公開講座 シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ4「生きがたさのなかで-子どもと希望-」
 第13回『海とお月さまたち』 於:立命館朱雀キャンパス5F大講義室(ホール)
◆論文・報告等:冨田 敬大 2010/03/14 「ポスト社会主義期の地方社会と牧畜経営――モンゴル北部・オルホン郡の事例から―」
 第2回京都大学GCOE合宿シンポジウム 「人間圏を解き明かす――人間の生存、人びとのつながり」 於:KKRびわこ
◆論文・報告等:松田 有紀子 2010/03/14 「祇園の近代的花街への転換と八坂女紅場――土地所有からみる「祇園らしさ」の生成」
 日本文化人類学 第5回近畿地区研究懇談会 2009年度近畿地区修士論文発表会
 於:国立民族学博物館 第3・第4セミナー室
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/14 「(司会&コメント)」
 第24回認知症介護研究会 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館.
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/03/18 「生きる技法の考究と価値の創出―生存学の見地から」
 パネルディスカッション『大学における研究の未来を考える』 立命館大学 新中期計画第4委員会 学術・科学技術シンポジウム 於:立命館大学びわこ・くさつキャンパス
◆論文・報告等:望月 昭サトウ タツヤ中村 正・武藤 崇 編 2010/03/20 『対人援助学の可能性――「助ける科学」の創造と展開』
福村出版,252p. ISBN-10: 457125038X ISBN-13: 978-4571250385 2,205 [amazon][kinokuniya]
主催・関連企画:2010/03/18-20 The international conference “Bonds and Boundaries– New Perspectives on Justice and Culture”
 Ritsumeikan University, Kyoto.
◆論文・報告等:Reiko, Goto 2010/03/20  “Comment for Professor Thevenot”
 The international conference “Bonds and Boundaries– New Perspectives on Justice and Culture”, Ritsumeikan University, Kyoto.
◆論文・報告等:西 成彦 2010/03/19 コメンテータ「フユキ・クラサワ発表へのコメント」
 The international conference “Bonds and Boundaries– New Perspectives on Justice and Culture”, Ritsumeikan University, Kyoto.
◆論文・報告等:立命館大学生存学研究センター 編 2010/03/20 『生存学』vol.2 生活書院,416p. ISBN-13:978-4-903690-51-3 2200
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/20 「中間報告報告他」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:7-10
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/03/20 「院生たちが創る生存学」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:11-13
◆論文・報告等:天田 城介小林 勇人齊藤 拓橋口 昌治村上 潔山本 崇記 2010/03/20 「生産/労働/分配/差別について」(座談会)
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:14-70
◆論文・報告等:橋口 昌治 2010/03/20 「労働運動の社会運動化」と「社会運動の労働運動化」の交差――「若者の労働運動」の歴史的位置づけ」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:71-82
◆論文・報告等:村上 潔 2010/03/20 「「主婦性」は切り捨てられない――女性の労働と生活の桎梏にあえて向き合う」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:83-95
◆論文・報告等:山本 崇記 2010/03/20 「同和行政が提起する差別是正の政策的条件――差別と貧困を射程にした社会政策に関する予備的考察」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:96-109
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/03/20 「単なる生の質――終末期医療とQOLの臨界」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:110-132
◆論文・報告等:櫻井 浩子 2010/03/20 「新生児医療におけるQOLと「子どもの最善の利益」」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:133-144
◆論文・報告等:植村 要 2010/03/20 「「エンハンスメント」言説における「障害者」の生の位置――レオン・カスの論を中心に」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:145-170
◆論文・報告等:サトウ・タツヤ 2010/03/20 「QOL、再考(死より悪いQOL値を補助線として) 」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:171-191
◆論文・報告等:永田 貴聖 2010/03/20 「日比間でトランスナショナルになるフィリピン人たち」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:192-206
◆論文・報告等:冨田 敬大 2010/03/20 「家畜とともに生きる――現代モンゴルの地方社会における牧畜経営」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:207-221
◆論文・報告等:石田 智恵 2010/03/20 「「日系人」という生き方、日系人の生き方――一九七二年・一九七三年の政策からみるスキーム」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:222-237
◆論文・報告等:新山 智基 2010/03/20 「顧みられない熱帯病・ブルーリ潰瘍問題における医療NGOの展開――市民社会論を手掛かりとして」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:238-248
◆論文・報告等:鄭 喜慶 2010/03/20 「韓国重度障害者運動によるパラダイムの変換――二〇〇〇年代以後の自立生活運動と移動権連帯運動を中心に」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:249-264
◆論文・報告等:川口 有美子 2010/03/20 「患者会組織の国際的展開―― 「ALSにグローバル・スタンダードは必要なのか?」」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:265-296
◆論文・報告等:石田 智恵 2010/03/20 「文献紹介 「日系人」という法的地位 」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:297-305
◆論文・報告等:梁 陽日 2010/03/20 「文献紹介 在日とは何か?――内外の境界のはざまで生きることの意味と希望を考える」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:306-313
◆論文・報告等:有吉 玲子 2010/03/20 「宮崎県透析拒否事件の再考─いまなお終わらずに」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:314-327
◆論文・報告等:有馬 斉 2010/03/20 「中立な国家と個人の死ぬ権利」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:328-345
◆論文・報告等:櫻井 悟史 2010/03/20 「誰が死刑を担ってきたのか?─死刑執行人の歴史社会学的考察」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:346-360
◆論文・報告等:川田 薫 2010/03/20 「在住アフリカ人コミュニティへのHIV/AIDS 予防啓発活動の取り組み――市民社会団体によるナイジェリア人同郷団体との協働の道のり」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:361-373
◆論文・報告等:篠木 涼 2010/03/20 「注意のマネジメント――ミュンスターバーグ、産業心理学、映画理論」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:374-389
◆論文・報告等:小林 勇人 2010/03/20 「ワークフェアを巡る国際研究調査――アメリカ×キューバ×カナダ」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:390-393
◆論文・報告等:永田 貴聖 2010/03/20 「一五分で到着するフィールドは世界に通ずる」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:393-394
◆論文・報告等:冨田 敬大 2010/03/20 「国際会議のススメ─二〇〇九年のCIEPO 国際会議に参加した経験をもとに」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:394-396
◆論文・報告等:石田 智恵 2010/03/20 「南米でニッケイたちの現在を垣間見る」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:396-398
◆論文・報告等:新山 智基 2010/03/20 「顧みられない熱帯病・ブルーリ潰瘍問題調査を通じて」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:398-400
◆論文・報告等:岡田 和男 2010/03/20 「スリランカ紛争終結と今後の課題」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:400-401
◆論文・報告等:川端 美季 2010/03/20 「初冬のシドニーで─豪州日本研究学会参加記録・Public Bath 探訪」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:402-404
◆論文・報告等:佐藤 量 2010/03/20 「植民地経験と戦後社会について」
 立命館大学生存学研究センター 編『生存学』2:404-405
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/20 「第9章のコメントと質問への応答」
 大沢真理編『公開シンポジウム『ニーズ中心の福祉社会へ:当事者主権の次世代福祉戦略』(上野千鶴子・中西正司編、2008年)を読み解く』,GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」社会科学研究所連繋拠点研究シリーズNo.2,東京大学社会科学研究所,pp.38-39,45-46
◆論文・報告等:松原 洋子 2009/03/22 (講演)「科学技術とともに生きること」
 バクバクの会20周年記念集会プレイベントpart3――「いのちを考える」学習会 in 広島
 於:広島市東区地域福祉センター 大会議室 13:30〜16:00
主催・関連企画:2010/03/22 シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」 チラシ[PDF]
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
 主催:科学研究費補助金「異なる身体のもとでの交信――本当の実用のための仕組と思想」
 共催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
    科学研究費補助金「ろう教育の有効性――聴覚障害者の基礎学力向上と真の社会参加を目指して」
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/22 開会挨拶
 シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
◆論文・報告等:櫻井 悟史 2010/03/22 「音声認識エンジンを用いた字幕化支援の現状と課題」
 シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/22 「手話通訳事業の現状と課題」
 シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
◆論文・報告等:坂本 徳仁 2010/03/22 「聴覚障害者の教育・労働に関する諸問題」
 シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/22 (モデレーター)パネルディスカッション「障害者権利条約下におけるコミュニケーション支援の課題」
シンポジウム「聴覚障害者の情報保障を考える」
 於:立命館大学衣笠キャンパス創思館1階カンファレンス・ルーム 10:00-15:45
◆論文・報告等:Yuki Shimomura, Tomoki Niiyama (ポスター発表) “Project SCOBU, Kobe International University”
 WHO Annual Meeting on Buruli ulcer, WHO Headquarters, Geneva, Switzerland,
◆論文・報告等:松原 洋子 2010/03/23 「難病患者に快適な社会探る」
 『中国新聞』 http://www1.chugoku-np.co.jp/News/Tn201003230042.html
◆論文・報告等:トマス ポッゲ 立岩 真也 監訳/安部 彰池田 浩章石田 知恵岩間 優希齊藤 拓原 佑介的場 和子村上 慎司 訳,2010/03/25 『なぜ遠くの貧しい人への義務があるのか――世界的貧困と人権』,423p ISBN-10:4903690520 ISBN-13: 9784903690520
生活書院 3000 [amazon][kinokuniya] ※
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/25 「思ったこと+あとがき」
 Pogge[2008=2010:387-408]
◆論文・報告等:青木 慎太朗 編 2010/03/25 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』,生存学研究センター報告12,208p. ISSN 1882-6539 ※
◆論文・報告等:青木 慎太朗 2010/03/25 「はじめに」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.5-9.
◆論文・報告等:青木 慎太朗 2010/03/25 「第1章 大学における視覚障害者支援の概要」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.14-32.
◆論文・報告等:韓 星民 2010/03/25 「第2章 視覚障害者用支援機器と文字情報へのアクセス」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.33-83.
◆論文・報告等:青木 慎太朗 2010/03/25 「第3章 視覚障害者への情報支援と著作権法上の課題」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.86-102.
◆論文・報告等:植村 要 2010/03/25 「第4章 出版社の対応とその背景」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.103-129.
◆論文・報告等:斉藤 龍一郎 2010/03/25 「第5章 スーダンと日本、障害当事者による支援の可能性」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.132-148.
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/25 「第6章 異なる身体のもとでの交信――COE&新学術領域研究で目指すもの」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.149-172.
◆論文・報告等:青木 慎太朗 2010/03/25 「おわりに」
 青木 慎太朗 編 『視覚障害学生支援技法 増補改訂版』(生存学研究センター報告12)
 立命館大学生存学研究センター、pp.203-206.
主催・関連企画:2010/03/25 GCOE院生プロジェクト・老い研究会公開企画 「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」
 於:創思館401・402 12:00〜16:30
 主催:老い研究会(2009年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト)
 共催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
    立命館大学生存学研究センター
    文部科学省科学研究費補助金若手(B)「戦後日本社会における〈老い〉と〈高齢化〉をめぐる表象と記憶の政治」(代表者:天田城介)
◆論文・報告等:田島 明子 2010/03/25 「1960年代以降の「寝たきり老人」とリハビリテーションをめぐる言説(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:有吉 玲子 2010/03/25 「1960年代以降における高齢者医療政策の変容(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:各務 勝博 2010/03/25 「1990年代以降の公的介護保険創設とその変容――予防政策を中心に(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:仲口 路子 2010/03/25 「1990年代以降の高齢者医療政策の変容――在宅移行を中心に(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:渋谷 光美 2010/03/25 「戦後日本の家庭奉仕員制度の変容――在宅介護福祉労働の誕生と変容(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:矢野 亮 2010/03/25 「大阪における同和政策における老いの位置――その政策的帰結(仮題) 」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:荒木 重嗣 1980年代以降における認知症ケアの実践の組み換えについて(仮題)
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:牧 昌子 2010/03/25 「1990年代以降における税制改革と高齢者医療制度改革の接合(仮題)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/25 (コメント)「(コメント)」
 老い研究会公開企画「老いをめぐる諸制度の変容を知る/基本を問う」 於:創思館401・402
主催・関連企画:2010/03/25 GCOE院生プロジェクト・老い研究会公開インタビュー企画 「過去を聞く/足場を知る/社会を構想する」
 於:創思館401・402 16:30〜19:00
 主催:立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点
   立命館大学生存学研究センター
   文部科学省科学研究費補助金若手(B)「戦後日本社会における〈老い〉と〈高齢化〉をめぐる表象と記憶の政治」(代表者:天田城介)
   老い研究会(2009年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト)
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/25 (インタビュー)「(何か)」
 老い研究会公開インタビュー企画 「過去を聞く/足場を知る/社会を構想する」 於:創思館401・402
 於:創思館401・402 16:30〜19:00
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/25 「60年代からの運動は医療に何をもたらしたのか?――石井暎禧氏に聞く」
 老い研究会公開インタビュー企画 「過去を聞く/足場を知る/社会を構想する」 於:創思館401・402
 於:創思館401・402 16:30〜19:00
◆論文・報告等:岡崎 勝・立岩 真也 2010/03/25 「大人にできることってなんだ?」(対談)
 『おそい・はやい・ひくい・たかい行委員会編『おそい・はやい・ひくい・たかい』54:72-78(ジャパン・マシニスト社)
◆論文・報告等:岡田 清鷹 2010/03/26 口頭発表 Translation Involves Plural Readers: Saigoku-Risshihen in Japan Postgraduate Translation Symposium
 ”Disordering the Disciplines: Translation and Interdisciplinarity,”
 University of East Anglia, Norwich, 26-27th March 2010.
◆論文・報告等:水月 昭道 2010/03/26 「「高学歴ワーキングプア」その後――大学に回す国費増やせ」
 『京都新聞』朝刊:6
◆論文・報告等:川口 有美子・鎗田 淳(聞き手) 2010/03/27 「川口有美子氏に聞く『逝かない身体』――「殺させないために何ができるか」/病人の「生」が軽んじられる社会であってはならない」
 『図書新聞』 pp. 1-2
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/27 「『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』」
 『BIメールニュース』 http://bijp.net/mailnews
◆論文・報告等:遠藤 彰 2010/03/28 「「生態系エンジニア」としての生物体:自律形成と他律形成作用」
 『生物の世界を語りなおす –アート生物学』 於:NHK文化センター京都
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/28 「『家族の余剰と保障の残余への勾留――戦後における老いをめぐる家族と政策の(非)生産』論文へのコメントへのリプライ」
 医療社会学研究会2010春季合宿 於:いこいの宿新たんば莊(兵庫県篠山市).
◆論文・報告等:新山 智基 2010/03/29 「ブルーリ潰瘍問題調査報告 トーゴ共和国・ベナン共和国の実態-病院施設の現状、in-hospital education(病院内教育)支援、NGOの取り組みを中心に-」
 「生存」の人類・社会学研究会 於:立命館大学
◆論文・報告等:佐藤 浩子 2010/03/29 企画・司会「地方自治の課題―講師・川村仁弘立教大学大学院教授」
 21世紀社会デザイン研究学会第12回コミュニティ政策研究会 於:立教大学
◆論文・報告等:遠藤 彰 2010/03/31 「『レジームシフト』と生物群集動態の架橋–生態遷移論の再考へつながる射程(綿貫論文への「ことほぎ」)」
 『日本生態学会誌』60(1): 15-17.
◆論文・報告等:田島明子 2010/03/31 「認知症高齢者の「QOL」の概念化・尺度化・援助設定をめぐる論点の整理」
『吉備国際大学保健科学部紀要』20:63-70
◆論文・報告等:立命館大学大学院先端総合学術研究科紀要 2010/03/31 『Core Ethics』6
◆論文・報告等:阿部 あかね  2010/03/31 「1970 年代日本における精神医療改革運動と反精神医学」
 『Core Ethics』6:1-11
◆論文・報告等:一宮 茂子 2010/03/31 「生体肝移植ドナーの負担と責任をめぐって―親族・家族間におけるドナー決定プロセスのインタヴュー分析から―」
 『Core Ethics』6:13-23
◆論文・報告等:伊藤 佳世子 2010/03/31 「長期療養病棟の課題―筋ジストロフィー病棟について―」
 『Core Ethics』6:25-36
◆論文・報告等:植村 要山口 真紀櫻井 悟史・鹿島 萌子 2010/03/31 「書籍のテキストデータ化にかかるコストについての実証的研究―視覚障害者の読書環境の改善に向けて―」
 『Core Ethics』6:37-49
◆論文・報告等:大野 藍梨 2010/03/31 「『わたしはティチューバ』における黒人奴隷制への抵抗」
 『Core Ethics』6:75-86
◆論文・報告等:岡田 清鷹 2010/03/31 「『民約訳解』再考―中江兆民と読者世界―」
 『Core Ethics』6:87-97
◆論文・報告等:各務 勝博 2010/03/31 「「寝たきり予防」から「介護予防」へ―そこで語られてきたこと―」
 『Core Ethics』6:109-119
◆論文・報告等:影浦 順子 2010/03/31 「下村治経済理論の一考察―経済成長と金融調整のあり方をめぐって―」
 『Core Ethics』6:121-131
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/03/31 「ウィル・キムリッカのネイション概念―キムリッカ多文化主義論における、こどもという問いの不在―」
 『Core Ethics』6:133-143
◆論文・報告等:葛城 貞三 2010/03/31 「滋賀県難病連絡協議会の結成」
 『Core Ethics』6:145-155
◆論文・報告等:角崎 洋平 2010/03/31 「なぜ〈給付〉ではなく〈貸付〉をするのか?―Muhammad Yunus の〈貸付〉論と「市場社会」観の検討―」
 『Core Ethics』6:157-167
◆論文・報告等:金城 美幸 2010/03/31 「建国初期イスラエルにおけるデイル・ヤーシーン事件の語り―殺戮行為の糾弾と正当化―」
 『Core Ethics』6:169-179
◆論文・報告等:蔡 正倫 2010/03/31 「台湾鉄道における「民営化改革」をめぐる歴史とその政治―戦後から1989 年「民営化改革」まで―」
 『Core Ethics』6:197-208
◆論文・報告等:貞岡 美伸 2010/03/31 「代理懐胎における子どもの福祉―依頼者の親としての適格性―」
 『Core Ethics』6:209-218
◆論文・報告等:佐藤 浩子 2010/03/31 「重度障害者等包括支援に関する考察―個別と包括の制度間比較―」
 『Core Ethics』6:219-228
◆論文・報告等:佐藤=ロスベアグ・ナナ 2010/03/31 「『地名アイヌ語小辞典』から「厚い翻訳」を考察する」
 『Core Ethics』6:229-239
◆論文・報告等:渋谷 光美 2010/03/31 「在宅介護福祉労働としての家庭奉仕員制度創設と、その担い手政策に関する考察」
 『Core Ethics』6:241-251
◆論文・報告等:杉原 努 2010/03/31 「障害者雇用における合理的配慮の導入視点―障害のあるアメリカ人法(ADA)の現状からの考察―」
 『Core Ethics』6:253-264
◆論文・報告等:田島 明子 2010/03/31 「認知症高齢者の作業療法における言説・研究の変容・編制過程―1980・1990 年代のリハビリテーション雑誌の検討―」
 『Core Ethics』6:265-276
◆論文・報告等:仲 アサヨ 2010/03/31 「精神科特例をめぐる歴史的背景と問題点―精神科特例の成立および改正の議論から―」
 『Core Ethics』6:277-286
◆論文・報告等:新山 智基 2010/03/31 「感染地域の社会経済的現状とWHO、医療中心型援助の限界―ブルーリ潰瘍の事例―」
 『Core Ethics』6:287-297
◆論文・報告等:西嶋 一泰 2010/03/31 「一九五〇年代における文化運動のなかの民俗芸能―原太郎と「わらび座」の活動をめぐって―」
 『Core Ethics』6:299-310
◆論文・報告等:西田 美紀 2010/03/31 「重度進行疾患の独居者が直面するケアの行き違い/食い違いの考察―ALS 療養者の一事例を通して―」
 『Core Ethics』6:311-321
◆論文・報告等:牛 革平 2010/03/31 「近代国民国家モデルについての考察―方法論的アプローチから―」
 『Core Ethics』6:323-337
◆論文・報告等:萩原 浩史 2010/03/31 「行政主導による精神保健福祉に関する普及啓発活動―その批判的考察―」
 『Core Ethics』6:339-348
◆論文・報告等:長谷川 唯 2010/03/31 「自立困難な進行性難病者の自立生活―独居ALS 患者の介助体制構築支援を通して―」
 『Core Ethics』6:349-359
◆論文・報告等:番匠 健一 2010/03/31 「1910 年代の内務官僚と国民統合の構想―田澤義鋪の青年論を中心に―」
 『Core Ethics』6:361-373
◆論文・報告等:牧 昌子 2010/03/31 「高齢者に対する新たな医療制度における「現役並み所得」概念―2006 年度の医療制度改革関連法による公費負担を中心に―」
 『Core Ethics』6:375-384
◆論文・報告等:松枝 亜希子 2010/03/31 「トランキライザーの流行―市販向精神薬の規制の論拠と経過―」
 『Core Ethics』6:385-399
◆論文・報告等:松田 有紀子 2010/03/31 「「花街らしさ」の基盤としての土地所有―下京区第十五区婦女職工引立会社の成立から―」
 『Core Ethics』6:401-411
◆論文・報告等:三野 宏治 2010/03/31 「日本の精神医療保健関係者の脱病院観についての考察―米国地域精神医療保健改革とそれについての議論をもとに―」
 『Core Ethics』6:413-423
◆論文・報告等:本岡 大和 2010/03/31 「難民になれない庇護希望―米加間の「安全な第三国」協定の影響―」
 『Core Ethics』6:425-435
◆論文・報告等:森下 直紀 2010/03/31 「ダム・ディベート―サンフランシスコの水源開発にともなう景観価値と国立公園―」
 『Core Ethics』6:437-449
◆論文・報告等:山本 晋輔 2010/03/31 「重度身体障害者の居住支援―単身ALS 罹病者の転居事例を通して―」
 『Core Ethics』6:451-460
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/03/31 「在日韓国・朝鮮人のアイデンティティと多文化共生の教育―民族学級卒業生のナラティブ分析から―」
 『Core Ethics』6:473-483
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/03/31 「ある精神障害者の語りと生活をめぐる一考察―「支援」は何を意味する言葉か―」
 『Core Ethics』6:485-496
◆論文・報告等:磯邉 厚子 2010/03/31 「スリランカの農村・農園の妊婦の健康と潜在能力」
 『Core Ethics』6:497-508
◆論文・報告等:一宮 茂子 2010/03/31 「膵島移植レシピエントの期待と現実―1 型糖尿病患者のインタビュー調査より―」
 『Core Ethics』6:509-518
◆論文・報告等:岩田 京子 2010/03/31 「風景整備政策の成立過程―1920 ‐ 30 年代における京都の風致地区の歴史的位置―」
 『Core Ethics』6:519-528
◆論文・報告等:大村 陽一 2010/03/31 「日本土木建設業の近代化と「朝鮮人」労働者の移入」
 『Core Ethics』6:529-539
◆論文・報告等:白杉 眞 2010/03/31 「自立生活センターの組織に関する研究―運動と事業のバランスを保つための方策―」
 『Core Ethics』6:541-550
◆論文・報告等:田島 明子 2010/03/31 「作業療法の現代史2・1976 〜 1980」
 『Core Ethics』6:551-562
◆論文・報告等:モリ カイネイ 2010/03/31 「華人系教会による海外宣教の展開―19 世紀から21 世紀へ―」
 『Core Ethics』6:563-570
◆論文・報告等:村上 潔 2010/03/31 「「主婦論争」再検討――論調と対象の再整理からみる課題と展望」
 『現代社会学理論研究』04:148-160(人間の科学新社)
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/31 「この時代を見立てること」
 『福祉社会学研究』7:7-23(福祉社会学会,発売:東信堂)
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 悉皆調査「分析と考察」 
 『厚生労働省 平成21年度障害者保健福祉推進事業 障害のある人の実演芸術「パフォーミングアーツ」に関する調査研究事業 活動報告書』, pp. 19-25
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 追跡調査「Dance&People」
 『厚生労働省 平成21年度障害者保健福祉推進事業 障害のある人の実演芸術「パフォーミングアーツ」に関する調査研究事業 活動報告書』, pp. 27-30
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 追跡調査「社会福祉法人かがやき神戸「ぐりぃと」」
 『厚生労働省 平成21年度障害者保健福祉推進事業 障害のある人の実演芸術「パフォーミングアーツ」に関する調査研究事業 活動報告書』, pp. 41-43
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 悉皆調査「結果に関する分析と考察」
 『続・アウトサイダーライブ- 障害者福祉の現場から立ち上がるパフォーミングアーツの可能性 -』滋賀県社会福祉事業団編(仮), pp.19-26
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 追跡調査「事例集 社会福祉法人かがやき神戸「ぐりぃと」」
 『続・アウトサイダーライブ- 障害者福祉の現場から立ち上がるパフォーミングアーツの可能性 -』滋賀県社会福祉事業団編(仮), pp.33-34
◆論文・報告等:渡邉 あい子 2010/03/31 追跡調査「事例集 特別編「Dance&People」」
 『続・アウトサイダーライブ- 障害者福祉の現場から立ち上がるパフォーミングアーツの可能性 -』滋賀県社会福祉事業団編(仮), pp.43-36
◆論文・報告等:天田 城介 2010/03/31 「〈老い〉をめぐる政策と歴史」
 『福祉社会学研究』7, pp41-59.
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/03/00 「良い死?/唯の生!」
 (財)日本宗教連盟シンポジウム実行委員会編『「尊厳死法制化」の問題点を考える』,日本宗教連盟第4回宗教と生命倫理シンポジウム報告書, pp.21-43
◆論文・報告等:三野 宏治 2010/03/** 「精神障害者クラブハウスモデルの仕事を媒介にした相互支援の考察――その仕組みと発想」
 『福祉文化研究』Vol.19
◆論文・報告等:磯邉 厚子・井関敦子・石村久美子 2010/03/** 「スリランカの農村・農園における妊婦の健康とwell-beings」
 『国立女性教育会館研究ジャーナル』14号, 独立行政法人国立女性教育会館
◆論文・報告等:岩間 優希 2010/03/** 「メディアとしての焼身――1963年、ティク・クァン・ドックの事件をめぐって」
 『表象』4:**-**, 表象文化論学会
◆論文・報告等:蔡 正倫 2010/03/** 「台湾鉄道の「民営化改革」をめぐる政治の影響――1989年以降の「民営化改革」を中心に」
『人文科学研究所紀要』No95, pp.181-209
◆論文・報告等:岩間 優希 2010/03/** 「新刊旧刊 ベトナム戦争と日本 吉沢南著 海の向こうの火事 ベトナム戦争と日本1965-1975 トーマス・R・H・ヘイブンズ(吉川勇一訳) ベトナム戦争を考える 戦争と平和の関係 遠藤聡著」
 『アリーナ』8, 風媒社
◆論文・報告等:石田 知恵 2010/03/** 「戦後日本における「日系人」の誕生――1957年「海外日系人大会」開催の意味」
 『移民研究年報』16, 日本移民学会, pp. 97-108
◆論文・報告等:(編書・執筆者)倉田 真由美 2010/03/** 『精神保健看護辞典』
 オーム社
◆論文・報告等:住田朋久・森下 直紀 2010/03/** 「2009年度 夏の学校報告」
 小特集「科学者の社会的発信」『生物学史研究』No.83, 日本科学史学会生物学史分科会, p. 35
◆論文・報告等:森下 直紀 2010/03/** 「ダムの審美性について:ヨセミテ国立公園の水源開発の事例から」
 『生物学史研究』No.83、日本科学史学会生物学史分科会, pp49-52
◆論文・報告等:原 佑介 2010/03/** 「植民地二世作家小林勝と『内なる懐かしさ』への抵抗」
 『コリア研究』1号、立命館大学コリア研究センター
◆論文・報告等:原 佑介 2010/03/** 「小林勝文学における植民地期朝鮮人像」
 『立命館大学コリア研究センター次世代研究者フォーラム論集』3号, 立命館大学コリア研究センター, 東国大学校BK21韓国語文学における伝承と翻訳研究人力養成事業団
◆論文・報告等:渋谷 光美 2010/03/** 「ベトナムの医療・看護・介護は今―私たちの学ぶことは―」
 『協同総合研究所紀要いのちとくらし』第30号 pp. 37-46
◆論文・報告等:倉田 真由美 2010/03/** 「日本の医学論文に見る生体肝移植の成立過程―テキストマイニングによる経年トレンドを探る試み」
 『滋賀医科大学看護学ジャーナル』Vol.8, No.1, pp. 26-29
◆論文・報告等:櫻井 浩子 2010/03/** 「障害のある子を授かって――患者会『18トリソミーの会』の活動」
 『NPOの役割と課題6 障がいとともに歩む』6, 中央大学NPO組織課題に関する調査研究プロジェクト, pp. 41-57
◆論文・報告等:櫻井 浩子 2010/03/** アムウェイ「第7回One by Oneアワード」
 NPO奨励賞受賞(受賞団体「18トリソミーの会」代表者 櫻井浩子)
◆論文・報告等:佐藤 量 2010/03/** 「東拓移民の帰国をめぐる同窓会の役割――禾湖里尋常小学校同窓会を事例に」
 『言語文化研究』21(4), 立命館大学言語文化研究所, pp. 56-75
◆論文・報告等:佐藤 量 2010/03/** 「植民地体験を乗り越える同窓会――旅順工科大学同窓生の戦後」
 『植民地教育史研究年報』14, 皓星社, pp. 34-51
◆論文・報告等:杉原 努 2010/03/** 「障害者権利条約における合理的配慮の経緯―「労働及び雇用」の視点―」
 『社会福祉学部論集』第6号, pp. 69-86
◆論文・報告等:杉原 努 2010/03/** 「障害者の「労働及び雇用」のための配慮や調整の現状―「職場ルポ」のリサーチから合理的配慮を考える―」
 『福祉教育開発センター紀要』第7号
◆論文・報告等:田島 明子 2010/03/** 書評「リハビリの結果と責任――絶望につぐ絶望、そして再生へ」
 池ノ上 寛太著 『地域リハビリテーション』5,3, 三輪書店, p.215
◆論文・報告等:梁 陽日(釀一) 2010/03/** 「エンパワメントのとびら6『釜ヶ崎のこどもたち』」
 『編集サービス』707号, 機関紙編集者クラブ, p. 6

>TOP

2010/04

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/01 「差異とのつきあい方・2――連載 53」
 『現代思想』38-5(2010-4):48-58 資料
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/01 「まとめ・1――身体の現代・18」
 『みすず』52-3(2010-4 no.):- 資料,
◆論文・報告等:天畠 大輔 2010/04/07 「意思疎通方法 自ら研究――視力や発語能力失い大学院へ」
 『京都新聞』2010-4-9:6
◆論文・報告等:大谷 いづみ 2010/04/09 「自己犠牲の死 称揚するな――「いのちの教育」がはらむ矛盾」
 『京都新聞』2010-4-9:6
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/10 「たぶんおわり――人間の条件・27」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no027.html
◆論文・報告等:立岩 真也・齊藤 拓 2010/04/10 『ベーシックインカム――分配する最小国家の可能性』
 青土社,ISBN-10: 4791765257 ISBN-13: 978-4791765256 2310 [amazon][kinokuniya] ※ bi.
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/10 「BIは行けているか?」
 立岩・齊藤[2010:11-188]
◆論文・報告等:齊藤 拓 2010/04/10 「政治哲学的理念(イデオロギー)としてのベーシックインカム」
 立岩・齊藤[2010:189-281]
◆論文・報告等:齊藤 拓 2010/04/10 「日本のBIをめぐる言説」
 立岩・齊藤[2010:283-325]
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/13 ALSと人工呼吸器についてのコメント
 読売テレビ
◆論文・報告等:天田 城介 2010/04/18 「(何か)」(講演)
 人間・環境学会 第91回研究会 建築社会学を考える委員会「制度を越えた福祉活動の展開の課題と可能性について」
 於:大阪大学中之島センター7階講義室3
◆論文・報告等:村上 潔×栗田隆子×生田武志 20100420 「労働にとって「女性」とは何か」
 有限責任事業組合フリーターズフリー編『フェミニズムはだれのもの?――フリーターズフリー対談集』,人文書院,pp.63-102
◆論文・報告等:渡辺 公三 2010/04/23 『レヴィ=ストロースは神話論理で何を問うたのか』口頭報告
 京都人類学研究会4月例会 於:京大会館
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/04/23 「御挨拶」
 メールマガジン創刊号
◆論文・報告等:本岡 大和 2010/04/24 「難民入門セミナー」
 アムネスティインターナショナル日本・奈良グループ 於:奈良市男女共同参画センター
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/04/27 「思考も身体もままならぬとき――ドゥルーズ『シネマ』から」
 『表象』 04号.

>TOP

2010/05

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/01 「まとめ・2――身体の現代・19」
 『みすず』52-4(2010-5 no.):- 資料,
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/01 「まずは少し自己紹介――唯の生の辺りに・1」
 『月刊福祉』93-7(2010-5):60-61
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/01 「『税をなおす』の続き――連載 54」
 『現代思想』38-7(2010-5):26-37 
資料
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/10 「人は違うものを信じている――人間の条件・28」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no028.html主催・関連企画:2010/05/14 公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」
 2010年第2回「現代社会における統制と連帯」研究会,於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:天田 城介 2010/05/14 司会・コメント
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/05/14 「正義論と障害――ケア活動の位置をめぐって」
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:有馬 斉 2010/05/14 「ケアの倫理と道徳の相対主義」
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:安部 彰 2010/05/14 「ケア倫理とグローバル倫理のあいだで――連帯はいかにして可能か」
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:大谷 いづみ 2010/05/14 コメント
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:崎山 治男 2010/05/14 コメント
公開研究会企画「正しいことを正しく論じる」(2010年第2回『現代社会における統制と連帯』研究会)於:立命館大学衣笠キャンパス創思館401・402
◆論文・報告等:天田 城介 2010/05/15・16 企画者・司会者
 第36回日本保健医療社会学会 於:山口県立大学
◆論文・報告等:藤原 信行 2010/05/16 「医療化された自殺対策の行為記述水準での局所的達成と責任帰属」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(A) 「医療社会学における基本的な問い」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:植村 要 2010/05/16 「医療に関わる情報が患者会活動に与える影響について――スティーブンスジョンソン症候群を例として」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(A) 「医療社会学における基本的な問い」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:北村 健太郎 2010/05/16 「日本の血友病者の現代史から「医療をめぐる政治」を問う」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(A) 「医療社会学における基本的な問い」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:上農 正剛 2010/05/16 「聴覚障害児医療の再検討」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(A) 「医療社会学における基本的な問い」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:安部 彰 2010/05/16 司会者
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(B) 「ケアの最前線――アポリアとコンフリクトの諸相」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/05/16 「障害者運動と介助の社会化論」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(B) 「ケアの最前線――アポリアとコンフリクトの諸相」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:有馬 斉 2010/05/16 「感情労働と徳」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(B) 「ケアの最前線――アポリアとコンフリクトの諸相」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:大谷 通高 2010/05/16 
「対人支援における消極的意義と積極的意義の考察――犯罪被害者の対人支援の検討から」
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(B) 「ケアの最前線――アポリアとコンフリクトの諸相」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/05/16 「養育関係内の多文化主義――身体状況の差異によるコンフリクト,畳み込まれたポリティクス」
[報告原稿]
 第36回日本保健医療社会学会 理事会企画 若手テーマセッション(B) 「ケアの最前線――アポリアとコンフリクトの諸相」 於:山口県立大学
◆論文・報告等:斎藤 拓 2010/05/21 「ベーシックインカムと豊かな社会――「必要は変化する」認識を」
 『京都新聞』2010-5-21:14
主催・関連企画:2010/05/27 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション」
 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/27 「研究のことや大学院生のこと――御挨拶に代えて」
 於:韓国・研究空間〈スユ+ノモ〉(南山[ナムサン])
◆論文・報告等:李 旭 2010/05/27 「日韓老人福祉施設従事者の職務環境と職務満足度に関する研究――日本関西地方、韓国嶺湖南地方老人福祉施設従事者を対象にして」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション」報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:中倉 智徳 2010/05/27 「ガブリエル・タルドの社会学における模倣説の意義について」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:篠木 涼 2010/05/27 「ヒューゴー・ミュンスターバーグの応用心理学と視覚文化論における注意の概念について」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:大野 真由子 2010/05/27 「CRPS患者をめぐる制度・医療・患者会の現状と援助的課題」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション」報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:森下 直紀 2010/05/27 「「比較政策史」の分析から新たな環境政策の展開へ」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション」報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/05/27 「新たなナラティブアプローチの可能性――語ること・聴くこと・そこから生まれるもの」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「ラウンド・テーブル・セッション」報告 於:研究空間〈スユ+ノモ〉南山[ナムサン]・韓国
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/27 「所得税の累進性強化――どんな社会を目指すか議論を」
 『朝日新聞』2010-5-27 私の視点 [English]
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/28 「「限界」を巡る攻防――日本のこの10年について」
 韓国社会福祉政策学会大会 於:ヨンセ大学(韓国・ソウル市)
主催・関連企画:2010/05/29 国際プログラム「韓日研究交流会議」
 於:京畿[キョンギ]大学(水原[スウォン])
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/29 「今日これから――互いを強くしていくために」
 国際プログラム「韓日研究交流会議」 於:京畿[キョンギ]大学(水原[スウォン])

◆論文・報告等:三野 宏治 2010/05/29 「障害者の地域生活移行に関する問題点の整理および支援方法についての研究」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:安田 真之 2010/05/29 「高等教育における障害学生支援の実施主体と責任主体のあり方――課題と研究の展望」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:李 旭 2010/05/29 「ユニットケアシステム導入?転換時システム定着と安定化に関する研究(仮題)」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:大野 真由子 2010/05/29 「障害者福祉政策の谷間にある難病者の現状と課題――生活モデルからの「障害」の再考」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:鄭 喜慶 2010/05/29 「障害者の地域生活移行に関する問題点の整理および支援方法についての研究」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:中倉 智徳 2010/05/29 「ガブリエル・タルドの経済心理学の意義について」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/05/29 「日本ハンセン病史の陥穽――なにが・どうなって・そうなったのか」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:森下 直紀 2010/05/29 「公害病事例から環境政策の今後を考える」
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:SHINOGI Ryo 2010/05/29“Historicizing “the Economy of attention”: the Idea of Attention in the early Industrial Psychology and Film Theory.”
 gCOE生存学創生拠点国際プログラム 「国際研究交流会議」於:京畿[キョンギ]大学 水原[スウォン]・韓国
◆論文・報告等:天田 城介 2010/05/29 「方法論としてのゴフマン――「酸っぱい葡萄」あるいは「幸福な奴隷」問題――」
 関西社会学会第61回大会 テーマセッション 「ゴフマンの方法論を再点検する――ゴフマンは「使える」のか」 於:名古屋市立大学 
 詳細→[外部リンク]http://www.soc.nii.ac.jp/ksa/conf.html
◆論文・報告等:青木 千帆子 2010/05/30 「障害者労働の場にある交換とジレンマ」
 関西社会学会第61回大会 研究報告Ⅱ 「労働」 於:名古屋市立大学 
 詳細→[外部リンク]http://www.soc.nii.ac.jp/ksa/conf.html
◆論文・報告等:角崎 洋平 2010/05/29 「個人内資源移転としての貸付――ファイナンスの社会福祉的意味づけに向けた試論」
 福祉社会学会 第8回大会 〈第1部会〉福祉原理  於:九州大学箱崎地区文系キャンパス
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/31 「『生の技法』韓国語版に寄せて」
 『生の技法』韓国語版 pp.1-3
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/05/31 「この本の時代、その後」
 『生の技法』韓国語版出版記念講演会,於:韓国

>TOP

2010/06

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/06/01 「『ベーシックインカム』の続き――連載 55」
 『現代思想』38-(2010-6):38-49 資料
◆論文・報告等:立岩 真也・山森 亮 2010/06/01 「ベーシックインカムを要求する」(対談)
 『現代思想』38-8(2010-6):70-94
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/06/01 「残余から隙間へ――ベーシックインカムの社会福祉的社会防衛」
 『現代思想』38-8(2010-6) pp.110-118
◆論文・報告等:小林 勇人 2010/06/01 「就労支援・所得保障・ワークフェア――アメリカの福祉政策をもとに」
 『現代思想』38-8(2010-6) pp.182-95
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/06/01 「最低限?――唯の生の辺りに・2」
 『月刊福祉』2010-6:60-61
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/06/02 「軸を速く直す――何が起こってしまったのか、そしてこれから」
 京都市居宅介護等事業所連絡会総会基調講演 於:京都市ひと・まち・交流館
◆論文・報告等:箱田徹・宇田有三 2010/06/05 『ビルマVJ 消された革命』トークショー〜『「ビルマVJ」徹底解剖』 
 場所:第七藝術劇場(大阪・十三) 会場URL:http://www.nanagei.com/
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/06/10 「人は違うものを信じている・続――人間の条件・29」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no029.html
◆論文・報告等:小林 勇人 2010/06/10 「カリフォルニア州の福祉改革――ワークフェアの二つのモデルの競合と帰結」
  渋谷博史・中浜隆編『アメリカ・モデル福祉国家Ⅰ――競争への補助段階(渋谷博史監修・シリーズ アメリカ・モデル経済社会 第4巻)』昭和堂
主催・関連企画:2010/06/12 第26回認知症介護研究会 14:00〜18:00
 於:立命館大学朱雀キャンパス多目的室2
◆論文・報告等:天田 城介(司会・コメント) 2010/06/12 「何か」
 第26回認知症介護研究会 於:立命館大学朱雀キャンパス多目的室2
◆論文・報告等:永田 貴聖 2010/06/25 「フィリピン政治と争われる境界線――新自由主義時代における民主主義の隘路」
 京都人類学研究会6月例会,コメンテーター 於:京都大学
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/06/30 「障害者運動・対・介護保険――2000〜2003」
 『社会政策研究』10:166-186

>TOP

2010/07

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/07/01 「過剰/過少・1――連載 56」
 『現代思想』38-9(2010-7):36-46
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/07/01 「留保し引き継ぐ――多田富雄の二〇〇六年から」
 『現代思想』38-9(2010-7):196-212 資料
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/07/01 「最低限どころでないこと――唯の生の辺りに・3」
 『月刊福祉』2010-7
◆論文・報告等:小林 勇人2010/07/02 “The Effects of U.S. Workfare Policies on Japanese Welfare Reform: A Vision for Basic Income in Japan,”
13th International Congress of the Basic Income Earth Network, Sao Paulo, Brazil.
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/07/10 「本出ます――人間の条件・30」
 理論社・ウェブマガジン http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/no030.html主催・関連企画:2010/07/12 『MAUSS/Maussをめぐって―オルタナティヴの可能性:アラン・カイエ(Alain Caille)、パリ第十大学教授を迎えて』
 於:立命館大学末川会館第3会議室
◆論文・報告等:中倉 智徳 2010/07/12 「ガブリエル・タルドの経済心理学における個人とアソシアシオンの概念について」(フランス語) [日本語訳]
 『MAUSS/Maussをめぐって―オルタナティヴの可能性:アラン・カイエ(Alain Caille)、パリ第十大学教授を迎えて』 立命館大学末川会館第3会議室
◆論文・報告等:村上 慎司 2010/07/12 「ベーシック・インカムについて―その経済哲学と日本での実現可能性」
『MAUSS/Maussをめぐって―オルタナティヴの可能性:ア ラン・カイエ(Alain Caille)、パリ第十大学教授を迎えて』 立命館大学末川会館第3会議室
◆論文・報告等:箱田 徹 2010/07/12 後期フーコーの主体概念:権力論から統治論へ」
 『MAUSS/Maussをめぐって―オルタナティヴの可能性:アラン・カイエ(Alain Caille)、パリ第十大学教授を迎えて』 立命館大学末川会館第3会議室
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/07/23 「どのようであることもできるについて」
 加藤秀一編『生――生存・生き方・生命』,岩波書店,シリーズ自由への問い・8,pp.218-244
◆論文・報告等:吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:Miyuki, Kinjo 2010/07/23 “What Can “the Holocaust” Be Called?: Language, Politics, and Historical Imagination.”
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:Kazuhiro Nishijima 2010/07/23 “Who Writes History, Why We Write History and How We Write History? From the Movement for People's History and the Movement of Life-Writing Circles in 1950s Japan.”
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:金城 美幸 2010/07/23 「ホロコーストの表象の可能性――ヘイドン・ホワイトが残した課題」
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:西嶋 一泰 2010/07/23 「「歴史」の受容論としての国民的歴史学運動と生活記録運動──ヘイドン・ホワイトの「歴史」概念の検討から」
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:櫻井 悟史 2010/07/23 「物語と歴史研究会」報告
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.
◆論文・報告等:櫻井 悟史 2010/07/23 「あとがき」 櫻井 悟史 186
 吉田 寛・篠木 涼櫻井 悟史 編 『特別公開企画アフター・メタヒストリー──ヘイドン・ホワイト教授のポストモダニズム講義』,生存学研究センター報告13,191p.

>TOP

2010/08

◆論文・報告等:立岩 真也 2010/08/01 「ベーシックインカム――誰にでも同じ額を支給する所得保障」
 『中央公論』2010-8(7月10日発売号) 特集:この夏の流行りものを読み解く50冊
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/08/01 「人間の条件→そんなものない」(講演)
 バクバクの会結成20周年記念総会,於:東京
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/08/01 「右のものを左に――唯の生の辺りに・4」
 『月刊福祉』2010-8
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/08/01 「「社会モデル」・序――連載 57」
 『現代思想』38-10(2010-8):22-33 
資料
◆論文・報告等:松井 太郎 著 西 成彦・細川 周平 編 2010/08/13 『うつろ舟―ブラジル日本人作家・松井太郎小説選』
 松籟社,328p. ISBN-10: 4879842850 ISBN-13: 978-4879842855 1995 [amazon][kinokuniya]
◆論文・報告等:天畠 大輔 2010/08/21 「「あ・か・さ・た・な」で大学に行く」
 NHK厚生文化事業団編 『雨のち曇り、そして晴れ~障害を生きる 13の物語』 日本放送出版協会.
主催・関連企画:2010/08/18 Workshop with Prof. Thomas Pogge, Kinugasa Campus, Ritsumeikan University
◆論文・報告等:ABE Akira 2010/08/18 “An Alternative Approach to Global Ethics: Beyond Rorty”
 Workshop with Prof. Thomas Pogge, Ritsumeikan University
◆論文・報告等:MOTOOKA Hirokazu 2010/08/18 ”The Attempt of Alternative Citizenship: Against Injustice on Borders” by & Prof. Pogge's Reply
 Workshop with Prof. Thomas Pogge, Ritsumeikan University
◆論文・報告等:MURAKAMI Shinji 2010/08/18 ”An Essay on the Complementarity between Capability and Global Resource Dividend”
 Workshop with Prof. Thomas Pogge, Ritsumeikan University
◆論文・報告等:高橋 慎一 2010/08/27 「結婚か非婚か、選ぶことの意味と謎――戸籍制度・婚姻制度・夫婦別姓に関するインタヴュー記録」
 生命倫理学における安楽死・尊厳死論のキリスト教的基盤に関する歴史的社会的研究 於:Karaimo Books(京都)

>TOP

2010/09

主催・関連企画:2010/09/03 「生存」の人類・社会学研究会 公開ワークショップ「マツリの生存学〜呑メヤ踊レヤ生キ残レ!〜」
 於:立命館大学創思館1Fカンファレンスルーム
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/09/03 「趣旨説明」
 「生存」の人類・社会学研究会 公開ワークショップ「マツリの生存学〜呑メヤ踊レヤ生キ残レ!〜」 於:立命館大学創思館1Fカンファレンスルーム
◆論文・報告等:西嶋 一泰 2010/09/03 「大川平荒馬踊り マツリのネットワーク」
 「生存」の人類・社会学研究会 公開ワークショップ「マツリの生存学〜呑メヤ踊レヤ生キ残レ!〜」 於:立命館大学創思館1Fカンファレンスルーム
◆論文・報告等:福田 一史 2010/09/03 「太秦戦国祭り マツリのマネージメント」
 「生存」の人類・社会学研究会 公開ワークショップ「マツリの生存学〜呑メヤ踊レヤ生キ残レ!〜」 於:立命館大学創思館1Fカンファレンスルーム
◆論文・報告等:梁 説 2010/09/03 「東九条マダン マツリとマイノリティー」
 「生存」の人類・社会学研究会 公開ワークショップ「マツリの生存学〜呑メヤ踊レヤ生キ残レ!〜」 於:立命館大学創思館1Fカンファレンスルーム
◆論文・報告等:天田 城介 2010/09/05 「ケアと承認をめぐる係争点–承認するなら金をくれ!で終わらないこと」
 日本社会学理論学会 第5回大会 於:長崎環境大学
◆論文・報告等:安部 彰 2010/09/05 「何の「承認」か–ケアとパターナリズム再考」
 日本社会学理論学会 第5回大会 於:長崎環境大学
◆論文・報告等:小泉 義之・米虫正巳・檜垣立哉 2010/09/09 公開鼎談「『差異と反復』をエピステモロジーとして読む」
 主催:最先端ときめき研究推進事業「バイオサイエンスの時代における人間の未来」(代表・檜垣立哉) 於:大阪大学大学院人間科学研究科
◆論文・報告等:サトウ タツヤ 2010/09/15 「三次元可視化ツールによる供述変遷の心理学的分析」
 国際セミナー・シリーズ 『法廷における映像技術と心理的影響:公正な裁きをめぐるポリティクス』 於:立命館大学
◆論文・報告等:天田 城介 2010/09/18 「歴史と体制を理解して書く――社会学の学会研究体制の歴史と現在」
 日本保健医療社会学会第206回関西定例研究会 於:龍谷大学大阪梅田キャンパス
◆論文・報告等:有吉 玲子 2010/09/18 「私の査読投稿物語」
 日本保健医療社会学会第206回関西定例研究会 於:龍谷大学大阪梅田キャンパス
◆論文・報告等:水月 昭道 2010/09/20 『ホームレス博士――派遣村・ブラック企業化する大学院』
  光文社,214p.
◆論文・報告等:橋口 昌治・肥下 彰男・伊田 広行 20100930 『<働く>ときの完全装備――15歳から学ぶ労働者の権利』
 解放出版社
◆論文・報告等:大野 藍梨 2010/09/** 「植民地カリブ地域における黒人奴隷制に対する抵抗と現在の「新奴隷制」」
 『立命館言語文化研究』、立命館言語文化研究所、22巻1号、2010年9月、pp.135〜146.
◆論文・報告等:堀田 義太郎櫻井浩子 2010/09/** 「母体胎児外科手術の倫理問題」
 『生命倫理』20巻1号、pp. 140-148.
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/09/** 「脳死臓器移植は殺人である――臓器移植法改正にあたり再確認しておくべき論点について」
 『インパクション』176号、2010年9月、pp. 16-27

>TOP

2010/10

◆論文・報告等:太田 啓子梁 陽日 2010/10/09 「発達障害者を対象とした就労支援の現状と課題――就労移行支援事業所における実践を踏まえて――」
 日本社会福祉学会第58回全国大会 於:日本福祉大学
◆論文・報告等:梁 陽日太田 啓子 2010/10/10 「障害者のエンパワメントを目的としたグループワークの考察――職業リハビリテーションセンター、就労移行支援事業所での実践を事例として――」
 日本社会福祉学会第58回全国大会 於:日本福祉大学
◆論文・報告等:天田 城介 2010/10/15 「底に触れている者たちは声を失い‐声を与える――〈老い衰えゆくこと〉をめぐる残酷な結び目」
 宮内 洋・好井 裕明 『〈当事者〉をめぐる社会学――調査での出会いを通して』 北大路書房,207+xvip.
◆論文・報告等:葛城 貞三 2010/10/19 新聞記事「ALS 24時間ケア――大津 待望の介護事業所」
 『京都新聞』朝刊
◆論文・報告等:的場 和子 2010/10/20 「臨床のコミュニケーションと看取り:緩和医療の視点から」
 特別連続講義 「情報社会の諸相―生・性・聖」, 主催:明治大学情報コミュニケーション研究科 / 協賛:情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター, 於:明治大学リバティタワー19階119F教室
◆論文・報告等:小泉 義之 2010/10/20 『倫理学』
 人文書院,ブックガイドシリーズ・基本の30冊
◆論文・報告等:小泉 義之箱田 徹・佐藤 嘉幸 2010/10/23 「1968年と出来事の哲学」
 第35回社会思想史学会大会 於:神奈川大学横浜キャンパス

>TOP

2010/11

◆論文・報告等:太田 啓子・荒井 利春・ジュリア カセム・秋谷 英紀 2010/11/03 パネルディスカッション「ユーザー参加型UDワークショップの意義と将来展望」
 第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ 於:アクトシティ浜松
◆論文・報告等:川口 有美子 2010/11/03 報告「人工呼吸療法をめぐる法政治 ――ALSの場合」
 神経障害と身体の現象学 於:立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階
◆論文・報告等:西田 美紀 2010/11/06 「ALS患者の自己決定と社会的方向付け」
 対人援助学会第2回大会 於:立命館大学
◆論文・報告等:地域社会におけるマイノリティの生活/実践の動態と政策的介入の力学に関する社会学研究(2010年度グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点院生プロジェクト) 2010/11/05-09 「熊本県共同フィールド調査」
◆論文・報告等:片山 知哉 2010/11/20 「代理決定議論における文化的バイアス――ゲイ・レズビアンの直面する困難を例として」
 日本生命倫理学会第22回年次大会 於:藤田保健衛生大学
◆論文・報告等:山本 崇記高橋 慎一 編 2010/11/20 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14)
 立命館大学生存学研究センター.
◆論文・報告等:梁 陽日高橋 慎一 2010/11/20 「はじめに――「異なり」の力学とマイノリティ研究」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp5-9
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:天田 城介 2010/11/20 「思想と政治体制について――ソ連における精神医学と収容所についての覚書」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp13-65
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:梁 陽日 2010/11/20 「学校教育のおけるエンパワメントの可能性と限界――社会的困難を抱える生徒への臨床教育実践から」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp68-87
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/11/20 「〈病い〉に刻印された隔離と終わりなき差別――「黒川温泉宿泊拒否事件」と「調査者」の関係を事例に」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp88-113
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:北村 健太郎 2010/11/20 「パンフレットからYoung Hemophiliac Clubへ――血友病者本人の活動へのうねり」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp114-140
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:堀江 有里 2010/11/20 「異なる被差別カテゴリー間に生じる〈排除〉と〈連帯〉――在日韓国/朝鮮人共同体における「レズビアン差別事件」を事例に
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp141-165
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:村上 潔 2010/11/20 「「主婦によるオルタナティブな労働実践」の岐路――ワーカーズ・コレクティブはどう変わっていくのか」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp166-190
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:高橋 慎一 2010/11/20 「労働に性別は必要なのか?――性別違和をもつ人の職場における生存戦略」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp191-219
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:永田 貴聖・有薗 真代 特定応答者:堀江 有里北村 健太郎 司会:山本 崇記 参加者:梁 陽日・高橋 慎一吉田 幸恵森下 直紀村上 潔 2010/11/20 「【座談会】研究に課された倫理と実践における問い――被調査者/当事者/生活者/活動者との間で揺れる「研究者」なる存在とは何か」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp222-293
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:山本 崇記 2010/11/20 「社会調査の方法と実践――「研究者」であることの範域をめぐって」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp294-318
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:森下 直紀 2010/11/20 「水俣病史における「不知火海総合学術調査団」の位置――人文・社会科学研究の「共同行為」について」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp319-348
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:北村 健太郎 2010/11/20 「突き返される問い――「研究」「研究者」「大学」を問う手前で考えるべきこと」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp349-374
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:佐藤 信行 2010/11/20 「【講演】多民族国家構想とマイノリティ――多民族・多文化「共生社会」は可能か」
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp377-402
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:山本 崇記 2010/11/20 「あとがき」 山本 崇記
 山本 崇記高橋 慎一 編 『「異なり」の力学――マイノリティをめぐる研究と方法の実践的課題』(生存学研究センター報告14) pp403-408
 立命館大学生存学研究センター
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/11/23 「本人と家族/家族と社会」(講義)
 於:中央大学大学院
◆論文・報告等:JO Han-Jin立岩 真也 2010/11/24 「障害者の学・運動・政策」(対談)
 セミナー「障害学への招待――障害者福祉の視点の転換」,主催:デグ自立生活センター 於:テグ市 14:00〜17:30
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/11/26 「障害を巡る言葉の政治」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:青木 千帆子 2010/11/26 「「労働者(あなた)」にとって「障害者(わたし)」とは何か」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:田島 明子 2010/11/26 「「障害受容」から考える――リハビリテーションでのセラピスト-クライエントの関係」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:鄭 喜慶 「身体障害者の自立生活におけるプロセス過程とサービスの現状」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:安田 真之 2010/11/27 「日本における障害者の所得保障制度――障害基礎年金を中心に」
 韓日障害学フォーラム 分科会2 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:大野 真由子 2010/11/27 「痛みをめぐる「障害」概念についての考察――韓国CRPS患友会の活動を中心に」
 韓日障害学フォーラム 分科会2 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:吉田 幸恵 2010/11/26 「水俣公害被害者 障害者とを分かつもの」
韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:森下直紀 2010/11/27 「1950年代以降の日本と韓国におけるハンセン病施策の変遷」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:三野宏治 2010/11/27 「知的障害者の地域生活の現状に関する報告」
 韓日障害学フォーラム 於:イルムセンター(韓国・ソウル)
◆論文・報告等:立岩 真也 2010/11/27 「社会サービス/所得保障/労働――日本の概要を紹介しつつあるべき方向を述べる」(講義)
 於:韓国障碍人差別撤廃連帯,ソウル市
◆論文・報告等:天田 城介 2010/11/** 「老後と人権」
 市野川 容孝編 『講座 人権論の再定位1 人権の再問』法律文化社.
◆論文・報告等:斉藤 龍一郎 2010/11/** 「グローバルな人権の課題」
 市野川 容孝編 『講座 人権論の再定位1 人権の再問』法律文化社.

>TOP

2010/12

◆論文・報告等:村上 潔 2010/12/12 「「経済成長」戦略における「戦力化」としての「女性の参画」推進政策の批判的検討」
 社会文化学会第13回全国大会 於:中京大学名古屋キャンパス
◆論文・報告等:佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 2010/12/20 『日本における翻訳学の行方』
 生存学研究センター報告15,199p. ISSN 1882-6539 ※
◆論文・報告等:佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 2010/12/20 「まえがき」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 2010/12/20 ”Foreword” 
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:佐藤=ロスベアグ・ナナ 2010/12/20 「文化を翻訳するーアイヌの口頭伝承から日本語へ」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:飯田 奈美子 2010/12/20 「中国帰国者の支援制度からみるコミュニティ通訳の現状と課題」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:岡田 清鷹 2010/12/20 「『西国立志編』における多層的読者の存在」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:冨田 敬大 2010/12/20 「「翻訳」される遊牧民と土地の関係―移行期モンゴルの放牧地に関する諸法令の分析から」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:韓星 民青木 慎太朗植村 要・広瀬 浩二郎 2010/12/20 「支援技術を用いた触覚言語への通訳」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:番匠 健一・原 佑介 2010/12/20 「「多文化主義」コミュニティの文化翻訳――川崎市と韓国安山市の事例」
 佐藤=ロスペアグ・ナナ渡辺 公三 編 『日本における翻訳学の行方』, 生存学研究センター報告15
◆論文・報告等:堀田 義太郎 2010/12/** 「障害者政策および研究動向について」
 『保健医療社会学論集』第21巻1号、2010年12月、pp. 9-16

研究資金(院生関連・2010年度・04)

飯田 奈美子(代表) 「社会福祉学的視点からみたコミュニティ通訳の専門性確立に関する研究――専門家とクライエントの関係調整の役割を通して」
 財団法人大同生命厚生事業団地域保健福祉研究助成
 http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/welfare-results.htm
佐藤 浩子(代表) 「医療的ケアが必要な子どもとその親のエンパワーメントのための、医療と福祉の地域連携の構築」
 勇美記念財団2010年度在宅医療助成
立岩 真也川口 有美子北村 健太郎葛城 貞三堀田 義太郎吉田 幸恵長谷川 唯山本 晋輔 「重度障害者ITコミュニケーション支援事業」
 平成22年度独立行政法人福祉医療機構助成金「地域活動支援事業」 →応募書概要
天畠 大輔(代表) 「インターネットテレビ電話を活用した在宅療養者の社会参加について――高等教育における重度障害学生への支援の取り組みから」
 勇美記念財団2010年度在宅医療助成
三野 宏治 「障害者の地域生活移行に関する問題点の整理および支援方法についての研究」
 財団法人日本科学協会 笹川研究助成

arsvi.com 「生存学」創生拠点

書庫利用案内

「生存学」創生拠点パンフレットダウンロードページへ

生存学研究センターメールマガジン

立命館大学大学院先端総合学術研究科

立命館大学人間科学研究所

立命館大学

フェイスブック:立命館大学生存学研究センター

生存学研究センターのTwitterを読む