立命館大学 生存学研究センター

震災で被災した皆様に、心よりお見舞い申し上げます。arsvi.com(グローバルCOE「生存学」創成拠点HP)に、特設サイト「災害と障害者・病者」をつくりました。新着情報等を掲載しています。

研究の現場

生活保護の「適正化」とはいかなるものであったのか
私は日本の生活保護制度を社会学の視点から研究しています。とりわけ関心を抱いてきたのは、生活保護における「適正化」政策です。生活保護の適正化とは、字義どおりに解釈すれば、濫給(必要のない人に給付していること)と漏給(必要な人に給付していないこと)の両方を適正にすることを意味しますが、ここでいう括弧つきの「適正化」とは、濫給の防止対策を主眼とした政策の総称です。具体的には、就労指導の強化や扶養... (公開日: 2017-10-01 中村亮太)
研究の現場の一覧

お知らせ

おすすめコンテンツ

『知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場』を刊行しました
本書「知のフロンティア――生存をめぐる研究の現場」は、立命館大学生存学研究センターのウェブサイトに毎月掲載されている「研究の現場」を再構成して編ま...
『生存学の企て』を刊行しました
「生存学」そのエッセンスがここに! 様々な身体の状態を有する人、状態の変化を経験して生きていく人たちの生の様式・技法...
研究の現場

gCOE 生存学創成拠点

立命館大学大学院 先端総合学術研究科

立命館大学 人間科学研究所

立命館大学

facebook

書庫利用案内

生存学研究センター刊行物

生存学メルマガ

サイトポリシー | 個人情報保護方針 | サイトマップ | お問い合わせ
アクセシビリティ方針